演劇

AK企画 reading evolution マリンバと物語の響演

寿歌Ⅳ ~火の粉のごとく星に生まれよ~

AK企画

AI・HALL(兵庫県)

他劇場あり:

2013/10/26 (土) ~ 2013/10/27 (日) 公演終了

上演時間:

お目にかけますは、突然変異的世紀末的伝説的名作のシリーズ最新作にして完結編、その名も「寿歌Ⅳ」
---

「reading」という演劇の形態が、どういうものをいうのか、未だに私には定義することも、命題にすることも出来ない。経費(予算)の都合でstraight playが難しいので、rea...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/26 (土) ~ 2013/10/27 (日)
劇場 AI・HALL
出演 桂九雀、ごまのはえ(ニットキャップシアター)、船戸香里
脚本 北村想
演出 北村想
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,800円
【発売日】
前売=1,500円
当日=1,800円
【日時指定・整理番号付自由席】
サイト

http://nanatsudera.org/archives/538.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 26日(土)19:00
27日(日)14:00
説明 お目にかけますは、突然変異的世紀末的伝説的名作のシリーズ最新作にして完結編、その名も「寿歌Ⅳ」
---

「reading」という演劇の形態が、どういうものをいうのか、未だに私には定義することも、命題にすることも出来ない。経費(予算)の都合でstraight playが難しいので、readingにしよう的発想から、この作品は語りのほうがイイ的発想まで、さまざまで、要するに本質的にreadingというものがあるのではなく、情況的に存在するのがいまの演劇sceneなんだろう。とはいえ、readingに可能性がナイわけではナイ。「みえるradio drama」あるいは「radio dramaの実写版」「real time な radio drama」とでもいえばいいのか、そこはそれ、私の思うのには、「ワケのワカランものには可能性がある」的なのだ。(だいたい『寿歌』からして、発表当時は、こんなものは演劇ではナイ。ワケワカラン派の演劇業界人が多くいたからな)
その可能性の一つとして、『寿歌Ⅳ』は、音楽的なベクトル(波)を干渉させてみた。語り手を同じベクトル(波)とすると、その干渉(重ね合わせ)は状態ベクトルとよばれるコヒーレント(ゆらぎの増幅)として現れてはくれないだろうか、という魂胆だ。今回は音楽的なものに、marimbaとpercussionを用いる。この公演のために、演奏者の新谷さんは、最も大きいマリンバ(おそらく5オクターブのもの、低音が美しい)を演奏する。
『寿歌Ⅳ』は一応『寿歌』のfinalだが、完結というものではナイ。『寿歌』の旅はまた始まる。おそらく私が死んで後も、終わることなく、この「あかるい虚無」の旅は続くだろう。その可能性の一つをごらん頂ければ僥倖だ。

北村 想
その他注意事項
スタッフ マリンバ奏者:新谷祥子

[情報提供] 2013/11/12 05:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/12 05:38 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大