立教大学演劇研究会

立教大学 池袋キャンパス・ウィリアムズホール(東京都)

2007/11/01 (木) ~ 2007/11/04 (日) 公演終了

上演時間:

時は鎌倉時代末期

京の町に一人の少女がいた
どこで生まれたかも分からない
彼女は笛吹きの青年に育てられる
そうして、全てが阿弥陀くじのように進んでいった

天皇家の確執が強くなるほどに近くなる室町の音
それでもまだ、色濃くその影を現す
神代からの神々を信じる人々
『徒然草...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/11/01 (木) ~ 2007/11/04 (日)
劇場 立教大学 池袋キャンパス・ウィリアムズホール
出演
脚本 高橋沙代子
演出 高橋沙代子
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
会場:立教大学ウィリアムズホール4Fスタジオ
サイト

http://blog.livedoor.jp/rikkyogekiken/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 時は鎌倉時代末期

京の町に一人の少女がいた
どこで生まれたかも分からない
彼女は笛吹きの青年に育てられる
そうして、全てが阿弥陀くじのように進んでいった

天皇家の確執が強くなるほどに近くなる室町の音
それでもまだ、色濃くその影を現す
神代からの神々を信じる人々
『徒然草』第八十九段の真実とは何か
ト部兼好が、読者の公家達を欺き隠した本意は何か

二十二人のキャストの歌と演技、
総勢四十一人のメンバーが作り出す舞台

さあ、誰かが化けている


笛の音か、人か、この世か
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/11/09 09:25 by D

[最終更新] 2007/11/17 22:52 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大