江戸系 諏訪御寮 公演情報 江戸系 諏訪御寮」の観たい!クチコミ一覧

期待度の平均 4.6
1-20件 / 33件中
  • 本当の幸せ
    旗揚げ当時からの主題は「本当の幸せって、なんだろう?」らしい。

    何かヒントがもらえることを期待したい。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    CoRich舞台芸術まつり、最終選考団体!
    堀越さんを筆頭に魅力的な役者を揃えています。
    フライヤーを見ただけで、わくわくします。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    祝・CoRich舞台芸術まつり最終審査進出
    勢いを感じています。小さな劇場で、存分にその勢いを体感したいと思っています。

  • 期待度♪♪♪♪

    期待してます!
    あやめ十八番のお芝居は、2回目です。
    悲しいこともあったけど
    きっと成長されているでしょう。
    風邪にもめげず頑張って行きます。

  • やっと本公演
    Mrs.fictionsの「15 Minutes Made」で観て以来スケジュールが合わず観ること叶わずだったが、やっと!
    (あ、去年の鬼フェスもあったか。でも本公演じゃないしね)

  • 期待度♪♪♪♪♪

    「CoRich舞台芸術まつり!2014春」
    前売り完売ステージ続出ですごいですね~。楽しみにしています。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    拝み屋の時代と現在
     拝み屋だの泣き女だの今の日本では見掛けなくなってしまった職が、かつては随分あったものだ。それだけ、自由な生き方が存在した時代と今とを比べると、どちらが進んでいるのかを一概に言う事はできまい。自分などは現在の方がよほど遅れている、とも考える。エリートと称する連中の大方は実際は、自己中のアホが多く、マザコンでナルシスト、成功すれば自分の手柄、失敗すれば他人のせいにして、恰もそれが能力であるかのような勘違いをする唯の下司である。拝み屋にこういう手合いの駆除も頼みたいものである。

  • 期待度♪♪♪♪

    他に”祟られ屋”とかも出るのかな?
    普通に”口入屋”とか・・・。
    風水師とかではないみたい・・・なんか人の弱みに付け込んで金儲けしてそうなイメージがありますが(偏ってるなぁ(^^)

  • 期待度♪♪♪♪♪

    輪廻転生?
    動画を拝見しました。仏教的な、何かなんでしょうか?恋愛もの?ラブコメ?・・・見ないとわかんないんですね。面白そうです。

  • 期待度♪♪♪♪

    拝み屋
    「拝み屋」という言葉に金の臭いがぷんぷんしますね。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    気になってます!
    前回?公演の 『長井古種 かすり乙女』のダイジェストをyoutubeで見てからとっても気になってました。ぜひ観てみたいです。

  • 期待度♪♪♪♪

    宗教ですか・・・
    ちょっとコワいけど、観たいです。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    観たい・・・
    これは観たいですが、時間が厳しい・・・自分の公演の準備があって・・・
    で、無理やり日程を調整して行こうかとしています。
    あやめ十八番さんの前作はとてもよかったです。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    拝み屋?!
    あらすじにひきつけられました。
    拝み屋?!
    どんな展開が待ってるのか。
    宗教の話?
    是非自分の目で確かめてみたいです!

  • 期待度♪♪♪♪

    お初
    宗教は怖いと思っている人です。胡散臭いと思っている人です。それだけにこういうネタはどう持ってくるかが気になります。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    大好きな堀越さん
    久々に拝見したくなり・・・大変期待しております。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    この劇団の
    本公演は初めて。なんで今まで縁が無かったんだろう。今回は宗教関係ですか。宗教は舞台に乗せにくいテーマだけれど、どんな舞台になるのか楽しみ!

  • 期待度♪♪♪♪♪

    当たりの芝居でしょ・・・!
    HP拝見しました。
    拝み屋、シマとオカ、なんやら聞きなれない言葉に興味をそそられます。
    宗教には特別な関心はありませんが、信仰されている人の思考には興味あります。未見の劇団なのでぜひとも観たいです。

  • 本当の幸せって?
    ま、人それぞれかなぁ。。。信じる者は救われる?

  • 期待度♪♪♪♪♪

    ぜひ一度、触れてみたい。
    花組芝居も、あやめ十八番も、私はこれまで拝見したことがなかった。

    鋭角的で抽象的な芝居が好きなので、時代物、和のテイストのもの、というと、それだけで敬遠してしまうのだ。

    だが、こちらの芝居は、観てきた人の批評伺うと世代百般観劇堪能納得できる芝居だとも聞く。

    ならば、ぜひ一度、触れてみたい。

このページのQRコードです。

拡大