演劇

フェスティバル/トーキョー13 F/T13

永い遠足

サンプル

にしすがも創造舎 【閉館】(東京都)

2013/11/17 (日) ~ 2013/11/25 (月) 公演終了

休演日:11/9

上演時間:

生命の起源から高度先進医療までを見渡す、現代演劇版「人間/生き物」観察記

アパートの一室で「国家建設」を進める中年の男とその母親の共依存的な関係を描く『自慢の息子』で、第55回岸田國士戯曲賞を受賞したサンプルの松井周。国家や社会を覆う「大きな物語」から、個人の営みに立脚した「小さな物語」...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/17 (日) ~ 2013/11/25 (月)
劇場 にしすがも創造舎 【閉館】
出演 古屋隆太、奥田洋平、野津あおい、羽場睦子、稲継美保、坂口辰平(ハイバイ)、坂倉奈津子、久保井研(唐組)
脚本 松井周
演出 松井周
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】
自由席(整理番号付)
一般前売 3,500円(当日 +500円)
学生 3,000円、U18(18歳以下)1,000円(前売・当日共通、当日受付にて要学生証提示)v
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/program/13/the_long_field_trip/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11/17(日) 18:00★
11/18(月) 19:30
11/20(水) 19:30
11/21(木) 14:00★/19:30
11/22(金) 19:30
11/23(土) 14:00▲/18:00▲
11/24(日) 14:00▲
11/25(月) 14:00

★終演後ポスト・パフォーマンストークあり:
11月17日(日)18:00 終演後
松井周×小泉明朗(アーティスト)
11月21日(木)14:00 終演後
松井周×千葉雅也(哲学者/批評家)

▲英語字幕つき
上演時間:100分

*受付開始は開演の1時間前、開場は開演の20分前。
説明 生命の起源から高度先進医療までを見渡す、現代演劇版「人間/生き物」観察記

アパートの一室で「国家建設」を進める中年の男とその母親の共依存的な関係を描く『自慢の息子』で、第55回岸田國士戯曲賞を受賞したサンプルの松井周。国家や社会を覆う「大きな物語」から、個人の営みに立脚した「小さな物語」まで。人々の「物語」づくりへの欲望とそこで起こる葛藤をつぶさに観察してきた彼が、人類の起源と現代を生きる命をめぐる新作を発表する。参照されるのは、親殺しや近親相姦といったタブーを通じて、個人と社会の関係を描き出したギリシャ悲劇「オイディプス王」。戯曲と俳優、美術や照明とが有機的に絡み合う独自の劇空間の中で、先進医療と生命倫理の問題をも視野に入れた、人間の出自をめぐる新たな「物語」が紡がれる。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督
鈴木康郎、浦本佳亮、谷澤拓巳
舞台美術
杉山至(+鴉屋)
照明
木藤歩
音響
牛川紀政
衣裳
小松陽佳留(une chrysantheme)
字幕
門田美和
演出助手
山内 晶
ドラマターグ
野村政之
WEBデザイン
斎藤 拓
宣伝写真
momoko matsumoto
フライヤーデザイン
京(kyo.designworks)
制作
三好佐智子(quinada)、冨永直子(quinada)
助成
公益財団法人セゾン文化財団
協力
レトル、青年団、ハイバイ、唐組、至福団、シバイエンジン
製作
サンプル・quinada
共同製作・主催
フェスティバル/トーキョー

[情報提供] 2013/10/25 18:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/12/01 12:51 by 土反

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大