オペラ

オペラシアターこんにゃく座公演

オペラ『ピノッキオ』福岡公演

0 お気に入りチラシにする

オペラ

オペラシアターこんにゃく座公演

オペラ『ピノッキオ』福岡公演

オペラシアターこんにゃく座

パピヨン24・ガスホール(福岡県)

2013/10/27 (日) ~ 2013/10/27 (日) 公演終了

上演時間:

ボク、旅をしたからね
いろんな所へ、行ったから
いろんな人に、会ったから
この世界には、いろんな人がいる

いいんだ、ボクわかったんだ
ボク、ピノッキオ、木の人形だ

2007年オペラ『ピノッキオ』はアジアツアーのために
誕生しました。
それ以来、全国のこどもからおとなまで...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/27 (日) ~ 2013/10/27 (日)
劇場 パピヨン24・ガスホール
出演 岡原真弓、佐藤敏之、佐藤久司、太田まり、ピアノ…湯田亜希
作曲 萩京子
演出 伊藤多恵
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】
おとな3,000円
高校生以下1,500円
*全席自由。3歳未満入場不可
サイト

http://www.bookskubrick.jp/about-bk/topics/20130826-2361.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ボク、旅をしたからね
いろんな所へ、行ったから
いろんな人に、会ったから
この世界には、いろんな人がいる

いいんだ、ボクわかったんだ
ボク、ピノッキオ、木の人形だ

2007年オペラ『ピノッキオ』はアジアツアーのために
誕生しました。
それ以来、全国のこどもからおとなまでたくさんの人に
親しまれています。

【作曲・萩京子のことば】

ピノッキオは木の人形です。
「いい子にしていたら人間のこどもになれる」といわれて、
ピノッキオは人間になることを夢見るけれど、
いい子でいることはなかなか大変です。
「いい子」は、勉強をしなくてはいけないし、
約束は守らなくてはいけません。
でも、ピノッキオはすぐに楽しいことに心を奪われてしまいます。
それは人間のこどもそのものです。

わたしたちがお届けするオペラ『ピノッキオ』では、
物語の最後、ピノッキオは自分が木の人形であることを
はっきりと自覚します。
人間のこどもになれなくてもいい、と言います。
旅をして、たくさんのことを知り、たくさんの経験をして、
おじいさんと再会したピノッキオは、
やさしさと強さをあわせ持ち、「ピノッキオ」という人形であることを
誇りに思うようになる。
そのことこそ、いま、わたしたちが世界中のこどもたちに
伝えたいことなのです。
その他注意事項
スタッフ 原作:カルロ・コッローディ
台本:山元清多
美術:荒田良
衣裳:太田雅公
舞台監督:久寿田義晴

[情報提供] 2013/10/03 18:49 by nanako

[最終更新] 2013/10/03 18:55 by nanako

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大