演劇

しながわ宿場まつり2013

品川浮き世絵巻

S.A.I.(NPO法人 Scenographic Art Institute )

北品川フリースペース楽間(東京都)

2013/09/29 (日) ~ 2013/09/29 (日) 公演終了

上演時間:

鳥居清長の浮世絵美南見十二候の場面を再現

最初の宿場である品川は、東海道の旅へ出る者、送る者が別れを惜しんだ所で、何軒もの茶屋が軒を連ねていました。また一方では、旅人だけでなく江戸の人たちがちょっと出かける行楽地でもあり、桜で有名な御殿山でのお花見や海浜での潮干狩りなどで賑わいました。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/09/29 (日) ~ 2013/09/29 (日)
劇場 北品川フリースペース楽間
出演 小林咲子、古館奈津子
脚本 明神慈
演出 明神慈
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
サイト

http://shinagawashuku-matsuri.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月29日
13:00(パフォーマンス10分間)終了後13:20まで写真撮影会
14:00(パフォーマンス10分間)終了後14:20まで写真撮影会
15:00(パフォーマンス10分間)終了後15:20まで写真撮影会
説明 鳥居清長の浮世絵美南見十二候の場面を再現

最初の宿場である品川は、東海道の旅へ出る者、送る者が別れを惜しんだ所で、何軒もの茶屋が軒を連ねていました。また一方では、旅人だけでなく江戸の人たちがちょっと出かける行楽地でもあり、桜で有名な御殿山でのお花見や海浜での潮干狩りなどで賑わいました。
清長の描いた、「美南見十二候」とは、南の遊所すなわち品川宿のことで、海に面したこの里の開放的で気楽な風情を清長は愛していました。
その他注意事項 写真撮影は随時可能ですがパフォーマンス中のフラッシュはご遠慮ください
スタッフ 美術監督:杉山至
音楽:木並和彦
音響:牛川紀政
照明:木藤歩
舞台監督:杣谷昌洋
舞台製作:NPO法人S.A.I.

[情報提供] 2013/09/27 23:23 by 土反

[最終更新] 2013/09/30 23:56 by 土反

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大