オペラ

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2014/06/19 (木) ~ 2014/06/22 (日) 公演終了

上演時間:

三島由紀夫の文学と、池辺晋一郎の豊饒な音楽の融和によって生み出されたオペラ。演出の鵜山仁が三島戯曲の美文調そのままに上演台本を作成。"オペラは演劇のひとつのジャンルであり総合的なエンタテイメントであるべき"と考える作曲家によって美しい旋律と巧みなオーケストレイションで作品は描き出されています。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/06/19 (木) ~ 2014/06/22 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 黒田博、大倉由紀枝、高橋薫子、経種廉彦、与那城敬、腰越満美、幸田浩子、鈴木准、ほか
作曲 池辺晋一郎
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 15,750円
【発売日】2014/03/01
S席15,750円
A席 12,600円
B席 8,400円
C席 6,300円
D席 3,150円
Z席 1,500円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/140619_001611.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2014年6月19日(木)18:30 中劇場
2014年6月20日(金)18:30 中劇場
2014年6月21日(土)14:00 中劇場
2014年6月22日(日)14:00 中劇場
説明 三島由紀夫の文学と、池辺晋一郎の豊饒な音楽の融和によって生み出されたオペラ。演出の鵜山仁が三島戯曲の美文調そのままに上演台本を作成。"オペラは演劇のひとつのジャンルであり総合的なエンタテイメントであるべき"と考える作曲家によって美しい旋律と巧みなオーケストレイションで作品は描き出されています。物語は、明治維新を舞台に繰り広げられる父子や男女の心理を緻密に描いた愛憎劇。クライマックスの舞踏会シーンでは社会に潜む民衆の怒りや、外国人の嘲笑の的となった表面的な文明開化をあからさまに揶揄する演出など、近代化の光と影を表現しています。指揮は新国立劇場初登場の飯森範親、ソリストには、黒田博、大倉由紀枝ほか日本オペラの中枢を担うソリストが名を連ねます。
その他注意事項 ※ダブルキャスト
スタッフ 原作:三島由紀夫
指揮:飯森範親
上演台本:鵜山 仁
美術:島 次郎
衣裳:前田文子
照明:沢田祐二
振付:上田 遙

[情報提供] 2013/09/27 01:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/09/27 01:41 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大