演劇

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

京都芸術センター(京都府)

2013/10/25 (金) ~ 2013/10/27 (日) 公演終了

上演時間:

実の母親に見出すアルゼンチン年代記。
劇作家で女優、ミュージシャンでもあるオールラウンダーが待望の来日

劇作家、演出家、女優、ミュージシャン…とマルチな才能を発揮して活躍するアルゼンチンのアーティスト、ロラ・アリアス。昨年、アルゼンチンが誇る作曲家のウリセス・コンティと発表したアルバム...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/25 (金) ~ 2013/10/27 (日)
劇場 京都芸術センター
出演 エルヴィラ・オネト、ロラ・アリアス、ロラ・アリアスマリオ・アイテル、ヴィンセンテ・フィロリッヨ、エルネスティナ・ルッジェロ、ノエリア・シクスト
脚本 ロラ・アリアス
演出 ロラ・アリアス
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】
一般 前売 ¥3,500/当日 ¥4,000
ユース・学生 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
シニア 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席自由
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/lola_arias/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 実の母親に見出すアルゼンチン年代記。
劇作家で女優、ミュージシャンでもあるオールラウンダーが待望の来日

劇作家、演出家、女優、ミュージシャン…とマルチな才能を発揮して活躍するアルゼンチンのアーティスト、ロラ・アリアス。昨年、アルゼンチンが誇る作曲家のウリセス・コンティと発表したアルバムでは、音響~ポストロック~ポエトリーリーディングを自在に行き来する奔放な資質が顕在化し、日本の音楽ファンの間でも知られる存在となった。
一方、舞台作品はアルゼンチンのみならずヨーロッパの主要な演劇祭で既に発表され高い評価を得ており、今回ついに舞台作家として日本デビューが実現した。昨年、ウィーンで初演された『憂鬱とデモ』(原題:Melancolia y Manifestaciones)は、ロラ自身の母親の手記をベースにした作品である。
ロラが生まれた1976年は、クーデターによって軍事独裁政権が生まれ、アルゼンチンの暗黒時代のはじまりとなった年。それは、進歩的な大学教授だったロラの母親にとっても、鬱々とした日々の始まりだった。激動の社会状況と身近でパーソナルな事態が重なりあう地平で、ロラは何度も母親に問いかける。「私を生んだせいなのか? 政治状況のせいなのか?」。
母と娘、国家と個人、歴史と空想、憂鬱とデモ。過酷な政治的現実が、詩的に、ときにユーモラスに、心揺さぶる表現へと変奏される。
その他注意事項
スタッフ 振付・共同演出:ルティアナ・アクーニャ

[情報提供] 2013/09/22 08:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/29 23:51 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大