その他

KYOTO EXPERIMENT 2013

池田亮司『superposition』

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

2013/10/25 (金) ~ 2013/10/26 (土) 公演終了

上演時間:

量子論的構造から紡がれる映像と音響が
圧倒的強度で観客を包み込む新シリーズ、ついに日本初演

池田亮司の待望の新作パフォーマンスが遂に京都で日本初演を迎える。
池田はパリを拠点に世界的に活躍する、電子音楽家でヴィジュアル・アーティスト。昨年のKYOTO EXPERIMENTでも、オーデ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/25 (金) ~ 2013/10/26 (土)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 ステファン・ギャラン、アメリ・グルウ
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】
一般 前売 ¥3,500/当日 ¥4,000
ユース・学生 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
シニア 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席指定
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/ryojiikeda/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月
25日 (金) 19:30-
26日 (土) 14:30-, 19:30-
説明 量子論的構造から紡がれる映像と音響が
圧倒的強度で観客を包み込む新シリーズ、ついに日本初演

池田亮司の待望の新作パフォーマンスが遂に京都で日本初演を迎える。
池田はパリを拠点に世界的に活躍する、電子音楽家でヴィジュアル・アーティスト。昨年のKYOTO EXPERIMENTでも、オーディオヴィジュアル・コンサート『datamatics [ver.2.0]』をここ春秋座の大空間で発表し、強烈な印象を与えたことは記憶に新しい。昨年11月にパリ・ポンピドゥーセンターで初演された「superposition」の新シリーズは、量子力学や量子情報理論を作品化しようとする
野心的なプロジェクト。そのパフォーマンス版となる本作では、池田の作品では初の試みとなる生身の身体(2名のパフォーマー)がステージに登場。合計22面のスクリーンが奥行きをもって配置され、ステージ上のすべての構成要素―サウンド、ヴィジュアル、物理現象、数学的概念、人間の行為そして無作為性― は、重ね合わせ(superposition)の状態となる。その崇高かつ圧倒的な空間体験は、池田流の〈世界〉への触れ方に違いない。
その他注意事項
スタッフ コンセプト・ディレクション・ミュージック:池田亮司

[情報提供] 2013/09/22 08:36 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/09/22 08:37 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大