舞踊・バレエ

博多座

博多座(福岡県)

2013/09/05 (木) ~ 2013/09/29 (日) 公演終了

上演時間:

2006年衝撃の初演から7年―――
大好評を博した幻の舞台がついに博多座に登場!
人間国宝・坂東玉三郎の光あふれる神の舞、
鼓童によるダイナミック、かつ繊細な音の世界。
二つが合わさった時、新たな神話が誕生する。

 歌舞伎界の立女方、人間国宝である坂東玉三郎と、太鼓を中心に伝統的...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/09/05 (木) ~ 2013/09/29 (日)
劇場 博多座
出演 鼓童、坂東玉三郎、愛音羽麗(特別出演)
演出
振付
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 15,000円
【発売日】
A席/15,000円 特B席/11,000円 B席/8,000円 
C席/5,000円
サイト

http://www.hakataza.co.jp/kouen/index_h2509.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2006年衝撃の初演から7年―――
大好評を博した幻の舞台がついに博多座に登場!
人間国宝・坂東玉三郎の光あふれる神の舞、
鼓童によるダイナミック、かつ繊細な音の世界。
二つが合わさった時、新たな神話が誕生する。

 歌舞伎界の立女方、人間国宝である坂東玉三郎と、太鼓を中心に伝統的な音楽芸能をベースに創作活動を行い世界中で公演する“鼓童”との初共演作となった『アマテラス』。有名な日本神話を題材とした本作は、「鼓童と共演するならば神話を」という玉三郎のひらめきから誕生しました。そして、物語の情景や登場人物の心理描写を太鼓、笛、箏などで表現した鼓童の力強い演奏と、慈悲、怒り、悲しみといったさまざまな感情を表現した玉三郎による舞踊が見事に溶け合い、音楽舞踊劇として高い評価を得ました。特に、天の岩屋戸から再び姿を現したアマテラスの優美な舞いと洪水のような和太鼓の音色は、会場にも物語同様の光と歓喜をもたらしました。そこへ今回は、昨年宝塚歌劇団を退団したばかりの人気男役スター・愛音羽麗の特別出演が決定。在団中は娘役も演じるなど枠にとらわれることのないのびやかな演技と、多くのファンを魅了したダンスは高い評価を得ていましたが、その実力が玉三郎にも認められ、本作への参加へと繋がったのです。
 破壊と創造、そして調和へ、新たな創造の道をひらく舞台が、再び幕を開けます。


あらすじ
 太陽神アマテラスが治める高天の原に、荒れ狂うスサノオが現れ、その乱暴に怒り、天の岩屋戸に身を隠したアマテラス。そして世界は闇に包まれてしまう。
 闇の中岩屋戸の前では、アメノウズメや八百万の神々が囃し、謡い、舞を踊り、歓喜の祝祭を行い、ようやくアマテラスは岩屋戸から姿を現す。そしてアマテラスによって再び世界に光が甦り…
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/09/17 22:15 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/29 10:10 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大