演劇

第20回BeSeTo演劇祭

アンドロイド版『三人姉妹』

青年団

新国立劇場 中劇場(東京都)

2013/10/18 (金) ~ 2013/10/19 (土) 公演終了

上演時間:

アンドロイド演劇最新作。スペイン・台湾・ロシアと海外ツアーを終えて、2ステージ限りの凱旋公演!
かつては家電メーカーの生産拠点があり、大規模なロボット工場があった日本の地方都市。

円高による空洞化で町は衰退し、現在は小さな研究所だけが残っている。
先端的ロボット研究者であった父親の死...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/18 (金) ~ 2013/10/19 (土)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 アンドロイド「ジェミノイドF」、ロボビーR3、山内健司、松田弘子、大塚洋、能島瑞穂、石橋亜希子、井上三奈子、大竹直、河村竜也、堀夏子
脚本 平田オリザ
演出 平田オリザ
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】
前売・予約・当日共
一般=4,000円
学生・シニア(65歳以上)=3,000円 高校生以下=2,000円
*日時指定・全席自由席・整理番号付
*学生・シニアの方は、当日受付にて学籍・年齢を確認できる証明書をご提示ください。
サイト

http://s.seinendan.org/play/2013/08/2459

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月18日(金)19:00
10月19日(土)15:00
説明 アンドロイド演劇最新作。スペイン・台湾・ロシアと海外ツアーを終えて、2ステージ限りの凱旋公演!
かつては家電メーカーの生産拠点があり、大規模なロボット工場があった日本の地方都市。

円高による空洞化で町は衰退し、現在は小さな研究所だけが残っている。
先端的ロボット研究者であった父親の死後、この町に残って生活を続けている三人の娘たち。
チェーホフの名作『三人姉妹』を翻案し、日本社会の未来を冷酷に描き出す、アンドロイド演劇最新作。
その他注意事項
スタッフ 原作:アントン・チェーホフ 
作・演出:平田オリザ
ロボット・アンドロイド開発:石黒 浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室)

舞台美術:杉山 至 
照明:三嶋聖子 
衣裳:正金 彩 
舞台監督:中西隆雄
ロボット側ディレクター:力石武信(大阪大学石黒浩研究室/大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)
ロボットオペレーション:あごうさとし
字幕:西本 彩 字幕協力:秋山建一
中国語翻訳:田村容子 唐 顥芸
韓国語翻訳:李 洪伊
制作:西山葉子、石川景子

[情報提供] 2013/09/04 18:10 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/12/05 08:10 by kimototaro

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大