シネマ “CINE-MA”

デザイン:加瀬透

0 お気に入りチラシにする

お米は生きている

新宿眼科画廊(東京都)

2013/10/19 (土) ~ 2013/10/22 (火) 公演終了

上演時間:

映画ばかり見てきました。
なのに、映画をつくるのではなくて、演劇をします。
『シネマ』は演劇です。
映画についての演劇です、だから『シネマ』。
- - -
夢の中で、何度も訪れる場所がある。
かつて映画館だったその場所で、
彼女はひとりで映画を見ている。
起きているあいだには思...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/19 (土) ~ 2013/10/22 (火)
劇場 新宿眼科画廊
出演 高内絵理、高橋真奈、尾関美紀
脚本 久野貴詩
演出 久野貴詩
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,300円
【発売日】2013/09/01
前売:2,000円
当日:2,300円
※ 当日/ご予約ともに、全席自由。
※ ご予約の場合も、料金は当日精算となります。
サイト

http://sp-riceisalive.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月
19日[土] 14:00 / 19:00
20日[日] 14:00 / 19:00
21日[月] 19:30
22日[火] 19:30
※ 受付開始は開演30分前、開場は20分前です。
※ 上演時間は約100分を予定しています。
説明 映画ばかり見てきました。
なのに、映画をつくるのではなくて、演劇をします。
『シネマ』は演劇です。
映画についての演劇です、だから『シネマ』。
- - -
夢の中で、何度も訪れる場所がある。
かつて映画館だったその場所で、
彼女はひとりで映画を見ている。
起きているあいだには思い出すことさえできないし、
そこへ何度もやって来ていることだって、
彼女はその夢の中でしかわからない。
目が覚めたら、あるいは、つぎの夢が始まってしまったら、
もうなにひとつ憶えていないのだとしても、
彼女はそこで映画を見つづける。
誰かと一緒に見られたら……って、
ときどき、そんなことを思いながら。
- - -
“映画がなくなって100年経ったあとの世界”
の映画を撮っていたのは、また別の彼女だ。
その世界でたったひとつだけ残されているという映画を探しに、
少女たちは旅に出る。
彼女の映画の中で、あるいは……彼女の映画の外で。
- - -
ふたりは出会う、映画館で。
いまはもうなくなってしまったけれど、
3年前にはまだその映画館はあった。
ふたりはかつて、親しい友人だったのかもしれない。
けれど、そのとき、ふたりはすぐにバラバラに去り、
それから3年の月日をそれぞれまったく別々に過ごす。
- - -
そして、いま。
眠っているあいだに見る夢も、むかし見た映画も、
過去に自分の身に起こった出来事も、
あるいは、まったくの嘘や空想も、
全部おなじように思い出すことができるし、
それについて語ることだってできる。
劇場で語られるのは、そのとき、そのいま、
思い出し、思いつき、語ることのできることだけで、
『シネマ』はあなたの内にのみ立ち上がり、
生まれたそばから消えてゆきます。
その他注意事項
スタッフ 空間美術:印藤躍
照明操作:小笠原結斐
サウンドエフェクト:westronica
宣伝美術:加瀬透
写真:後藤洋平
制作:西村亜弥子
協力:シバイエンジン
Special Thanks:小澤正樹

[情報提供] 2013/09/01 10:51 by お米は生きている

[最終更新] 2013/10/23 13:03 by お米は生きている

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大