演劇

d'UOMO ex machina公演

Work in Progress Series「人は一人じゃ夢みれず、人は一人じゃ狂えもしない」vol. 13

演劇

d'UOMO ex machina公演

禪竹の秋 — An autumn evening for the works of Komparu Žentiku.

Work in Progress Series「人は一人じゃ夢みれず、人は一人じゃ狂えもしない」vol. 13

d’UOMO ex machina

パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』(東京都)

2013/09/26 (木) ~ 2013/09/28 (土) 公演終了

上演時間:

 夏のマクベスを経て、Work in Progress Seriesを再開です。欧州公演計画がエストニアとの交渉においてかなり現実味を増してきました。そこに持っていく作品をと考えた時に、謡曲の現代演出は日本の紹介でありかつただ伝統日本の紹介に留まらない現代性をもそなえるという意味で価値があると...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/09/26 (木) ~ 2013/09/28 (土)
劇場 パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』
出演 大石知奈、小川貴大、高瀬弥生、嵯峨ふみか、山田麻子
脚本
演出 角本敦
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2013/08/26
ご観劇料:
 お飲み物1杯ついて一般3000円・学生2000円
2回目・3回目:
 お飲み物1杯ついて1000円
未就学児童はお飲み物なしですが無料。
飲み物別途注文可。
学生は、国際学生証をつくれる資格のある学校の所属者とし、場合によっては受付にて学生証の提示を求めます。

ご予約は、d.uomo.ex.machina@mac.comから受付いたします。件名を「09月2013」として、
 人数 (未就学児同伴の場合その旨も)
 お名前 (ふりがな)
 ご連絡先 (望ましくはメールアドレス)
をお知らせください。
こちらからの返信をもってご予約完了とさせていただきます。
サイト

http://www.facebook.com/events/216868531805183/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 09月26日(木)
 19時開場・20時開演
09月27日(金)
 19時開場・20時開演
09月28日(土)
 17時半開場・18時半開演
説明  夏のマクベスを経て、Work in Progress Seriesを再開です。欧州公演計画がエストニアとの交渉においてかなり現実味を増してきました。そこに持っていく作品をと考えた時に、謡曲の現代演出は日本の紹介でありかつただ伝統日本の紹介に留まらない現代性をもそなえるという意味で価値があると考えます。Shakespeareを現代演出する演出家はたくさんいる。金春 禪竹だっていいじゃないか。
 古來、あまり論争を好まないとされてきたこの列島に住む者たちですが、ある一つの主題についてだけは絶えず喧々諤々と議論を鬪わせてきました。
 この島々が最も美しいのはどの季節においてだろうか?
 ある人はそれを春と云い、またある人は秋だと云う。それぞれの季節にも初旬もあれば終わりもある。大陸の審美眼もそこに別の視点を加える。はじめにこれは漢詩文とやまと歌を舞台とし、物語・中世説話に流れ、そして一つの終着点を、能楽にみる。この伝統を最も意識する者として金春 禪竹をご紹介します。能の正統な後継者である現代の能楽師さんたちはその藝の性質上あまり一人の作家の思想を焦点にはご公演なさりませんからこそ、外側から別の側面を露にする試みとして私たちは現代演出します。
その他注意事項 最終日のみ開演時間が違いますご注意ください。

「未就学児童入場不可」と書かれている公演案内をよくみかけますが、私たちは「未就学児童入場、歓迎」です。

また、26日・27日には、終演後に会場にてお飲み物を片手に作品について語り合う会を催したいと思います。その日のお客さまはもちろん別の日に観劇する予定の方あるいは今回は上演の時間には都合がつかない方がふらりと立ち寄っていただくことも歓迎です。
スタッフ 【表方】時澤 香保里
【原曲】金春 禪竹

[情報提供] 2013/08/31 14:10 by おが

[最終更新] 2013/10/11 21:57 by おが

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

とも

とも(1)

食欲の秋

かく

かく(21)

読書の秋

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大