演劇

innerchild vol.14 

(紙の上の)ユグドラシル

劇団10周年記念公演/第一弾!

innerchild

青山円形劇場(東京都)

2008/04/03 (木) ~ 2008/04/07 (月) 公演終了

上演時間:

→↓ 今回の最大の見所 ↓←

青山円形劇場に「世界の中心にそびえる大樹」が出現。
観る位置で印象が異なる「完全円形」の舞台と、360度全方向演出を具体化する作品。

北欧神話の神秘的な世界と現実の世界が交錯する幻想的な空間。その中心に立つ樹のイメージと、その周りで繰り広げられる群像...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/04/03 (木) ~ 2008/04/07 (月)
劇場 青山円形劇場
出演 大内厚雄(演劇集団キャラメルボックス)、石村みか、武智健二(JAE)、進藤健太郎(無名塾)、井俣太良(少年社中)、菊岡理紗、土屋雄、三宅法仁、宍倉靖二、石川カナエ、小手伸也
脚本 小手伸也
演出 小手伸也
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,700円
【発売日】2008/02/07
前売:3500円 当日3700円
サイト

http://www.innerchild-web.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 →↓ 今回の最大の見所 ↓←

青山円形劇場に「世界の中心にそびえる大樹」が出現。
観る位置で印象が異なる「完全円形」の舞台と、360度全方向演出を具体化する作品。

北欧神話の神秘的な世界と現実の世界が交錯する幻想的な空間。その中心に立つ樹のイメージと、その周りで繰り広げられる群像劇。

『僕の世界を教えてくれたのは、その「樹」だった。』

innerchildはお陰様で旗揚げ10周年を迎えました。
『「こころ」を描くエンターテイメント』を合言葉に、人間の心理に迫る心理学的なトピックスや、世界(主に日本)の神話的・宗教的モチーフといった精神文化をテーマに、誰しもが心の奥に持ち得る深遠な内面世界、更には個人の内面に留まらない、より歴史的・社会的な背景を見据えた「壮大な物語」を、知的好奇心とロマンを基に徹底的に描いてきたinnerchildが、10周年にふさわしい壮大な物語をお届けいたします。

「北欧神話」に伝わる世界を支える巨大樹【ユグドラシル】
「樹」を描くことで人の心を診る【バウムテスト(樹木画法)】

この地球で最も身近で最も長命な生き物「樹」と、私達とを繋ぐ不思議な連帯をテーマに、縄文時代より育まれた日本の「樹木崇拝」「御神木信仰」から、北欧神話の「世界樹」、ユダヤ教の「生命の樹」といった世界中の「樹」のモチーフ、そして被験者に「樹」を描かせることで知られる「バウム・テスト」という描画心理検査を手掛かりにした壮大な「こころ」の冒険。innerchild近年のテーマである「日本人の心性」を、日本の文化から更に俯瞰(ふかん)して、世界の文化・宗教の視点を取り入れ、その上でinnerchild本来の「心理学的エッセンス」を更に具体的モチーフとするという、劇団が歩んだ10年の全てを盛り込んだ、総決算とも言える本公演にご期待ください!
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:筒井昭善
美術プロット:筒井昭善/小手伸也
照明:榊美香((有)アイズ)
音響:尾林真理
映像:神戸ちぎ
衣装:渡辺まり
メイク:荻原麻弥
小道具:桜井徹
スチール撮影:引地信彦
宣伝美術:Gauntlet
演出助手:三嶋義信(innerchild)
制作:田中絵美(J-Stage Navi)/インナーチャイルド制作部
企画・製作:innerchild

[情報提供] 2007/10/30 13:51 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/05/06 04:03 by r(^-^)/~

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー4

おすぎ

おすぎ(0)

チケット絶賛発売中!! 円形劇場がどんな空間になるか...

kanaedamon

kanaedamon(0)

素敵な心のであい、ありますよ! 全身五感(六感)で受...

三嶋義信

三嶋義信(1)

10周年記念第1弾の記念公演です。 メンバー&出演者...

このページのQRコードです。

拡大