オペラ

天国と地獄(地獄のオルフェウス)

オペレッタ全二幕 日本語訳詞上演

財団法人東京二期会

日生劇場(東京都)

2007/11/22 (木) ~ 2007/11/25 (日) 公演終了

上演時間:

《第1幕》
かつては愛し合った夫オルフェウスへの気持ちも遠にさめたユーリディスは、浮気相手(実は地獄の大王プルート)と密会中に夫が忍ばせた毒蛇に噛まれる。本性を現したプルートは彼女を誘拐し、夫は大喜び。しかし世論の命令で彼は妻の返還を頼みにジュピター神の世界へ向かう。一方、人間界の噂で盛り上...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/11/22 (木) ~ 2007/11/25 (日)
劇場 日生劇場
出演
作曲 ジャック・オッフェンバック
演出 佐藤信
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 18,000円
【発売日】
一般料金【愛好会料金】
S¥18,000-【¥17,000-】、A¥14,000-【¥13,000-】、B¥9,000-、C¥7,000-、D¥5,000-、
学生席¥2,000-
サイト

http://www.nikikai.net/lineup/heaven/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 《第1幕》
かつては愛し合った夫オルフェウスへの気持ちも遠にさめたユーリディスは、浮気相手(実は地獄の大王プルート)と密会中に夫が忍ばせた毒蛇に噛まれる。本性を現したプルートは彼女を誘拐し、夫は大喜び。しかし世論の命令で彼は妻の返還を頼みにジュピター神の世界へ向かう。一方、人間界の噂で盛り上がる神々。弟のプルートを咎めるジュピターであったが、逆に神々から自分の不品行を責められる始末。オルフェウスが現れると彼の頼みに便乗し、皆で地獄に向かう。
《第2幕》
ハエに化けたジュピターは早くも退屈しているユーリディスを口説く。二人は一緒に逃げ出そうとするが、プルートに発見される。そこに現れた夫はしぶしぶ妻の返還を求め、ジュピターは「関所まで振り向いてはならぬ」という条件で彼女を帰すが……。
“陽気で楽しいオペレッタの記念碑的大傑作”
その他注意事項
スタッフ 作曲: ジャック・オッフェンバック
台本:エクトル・クレーミュ及びルドヴィクアレヴィー
指揮:阪 哲朗
演出・日本語台詞:佐藤 信
日本語訳詞:小林一夫
衣裳:山口さよこ
公演監督:中村 健  
管弦楽:東京交響楽団

[情報提供] 2007/10/26 03:01 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/10/26 03:03 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大