オペラ

オペラシアターこんにゃく座公演

オペラ『セロ弾きのゴーシュ』

デザイン:長谷川義史(絵)+日下潤一(デザイン)

0 お気に入りチラシにする

オペラ

オペラシアターこんにゃく座公演

オペラ『セロ弾きのゴーシュ』

オペラシアターこんにゃく座

ハートフルホール(文化会館)(愛知県)

他劇場あり:

2007/12/09 (日) ~ 2007/12/09 (日) 公演終了

上演時間:

「ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係でした。けれどもあんまり上手でないという評判でした。上手でないどころではなく実は、仲間の楽手の中では一番へたでしたから、いつでも楽長にいじめられるのでした。」
という書き出しで始まる、宮澤賢治原作の“セロ弾きのゴーシュ”。
賢治の書いたテキストをほと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/12/09 (日) ~ 2007/12/09 (日)
劇場 ハートフルホール(文化会館)
出演 大石哲史、岡原真弓、青木美佐子、井村タカオ、佐藤久司、田中さとみ、ピアノ榊原紀保子
作曲 林光
演出 加藤直
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】
全席指定
おとな 2,000円(当日2,500円)
高校生以下 1,000円(当日1,500円)
サイト

http://www.konnyakuza.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係でした。けれどもあんまり上手でないという評判でした。上手でないどころではなく実は、仲間の楽手の中では一番へたでしたから、いつでも楽長にいじめられるのでした。」
という書き出しで始まる、宮澤賢治原作の“セロ弾きのゴーシュ”。
賢治の書いたテキストをほとんどそのまま台本として使用し、1986年に初演したこのオペラは、こんにゃく座の代表作ともいえます。
このオペラ以降、数々生まれるこんにゃく座の賢治オペラの原型ともいえる、オペラ『セロ弾きのゴーシュ』。4年間の休演期間を経て、再スタートします。
その他注意事項 かめありリリオホールでの公演の後、愛知、長野、京都、広島、山口、福岡での公演があります。詳しくはこんにゃく座のウェブサイトをご覧ください。
スタッフ 【美術】池田ともゆき
【衣裳】太田雅公
【照明】成瀬一裕
【振付】伊藤多恵
【演出補】大石哲史
【舞台監督】久寿田義晴
【音楽監督】萩京子

[情報提供] 2007/10/25 18:20 by nanako

[最終更新] 2007/10/27 10:32 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大