1970 PROJECT

小劇場 楽園(東京都)

2007/10/30 (火) ~ 2007/11/04 (日) 公演終了

上演時間:

アーティストの麻美は6年前、海外の小さなアートコンクールでグランプリを獲った。
以来、実家を離れ小さなアトリエで作品を作り続けている。
しかし新作を発表しても、世間は麻美の作品を評価しなかった。
最近は唯一の友人、健太がアトリエに来るくらいだ。
今の麻美にあるのは過去の栄光だけ。

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/10/30 (火) ~ 2007/11/04 (日)
劇場 小劇場 楽園
出演 吉井怜、小山田サユリ、石野敦士、桑田尚樹、山田茂樹、山口奈緒子
脚本 坂牧良太
演出 坂牧良太
料金(1枚あたり) 3,800円 ~ 4,200円
【発売日】
前売り \3,800- 当日 \4,200-
サイト

http://www.sunbeam.co.jp/antireal/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 アーティストの麻美は6年前、海外の小さなアートコンクールでグランプリを獲った。
以来、実家を離れ小さなアトリエで作品を作り続けている。
しかし新作を発表しても、世間は麻美の作品を評価しなかった。
最近は唯一の友人、健太がアトリエに来るくらいだ。
今の麻美にあるのは過去の栄光だけ。

…ある日、麻美は自分の部屋の壁に黒く太い線を描く。
それは部屋を切り裂く、裂け目に見えた…。
裂け目の奥から、腕が伸びてくる…。麻美はその手を握った。
それは麻美本人も忘れていた、“友人”との再会であった…。
彼の名前は観男(ミオ)観男は麻美に語りかける。

「君は必要とされている」

そんな時、実家から麻美の妹である好美がやってくる。
自由奔放な麻美を嫌う好美。
麻美にとって、好美の存在は観男との交流の邪魔だった。
作品が一向に進まなくなる麻美。
コンクールの〆切は目前に迫っていた。
麻美の焦りは頂点に達する。

そして、麻美はゆるやかに“崩壊”していくのだった…。
その他注意事項
スタッフ 作・演出:坂牧良太(フランス・ドービルアジア国際映画祭ではDVコンペティション部門でグランプリを受賞)

[情報提供] 2007/10/24 13:08 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/12/06 01:09 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大