花木村月夜奇妙 (はなのきむらつきよのきてれつ)   -どろぼうたちの月の夜-

0 お気に入りチラシにする

劇団前進座

渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール(東京都)

他劇場あり:

2013/07/24 (水) ~ 2013/07/26 (金) 公演終了

上演時間:

花のき村はほっこりと美しい小さな村。 どこの家にも鍵などはなく、これまで泥棒など入ったことのないのどかな村。
そこへ4人組がやって来ます。
かしらは本当の泥棒ですが、3人の弟子たちは今までの仕事がいやになって、これから泥棒になろうというのです。
かしらは弟子たちに、忍んで入れそうな家をさ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/24 (水) ~ 2013/07/26 (金)
劇場 渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール
出演 柳生啓介、亀井栄克改め早瀬栄之丞、藤井偉策、有田佳代、本村祐樹、平澤愛
脚本 鈴木龍男
演出 鈴木龍男
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】
全席指定・3,500円(4才以上)
サイト

http://www.zenshinza.com/stage_guide2/2013hananokimura/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 花のき村はほっこりと美しい小さな村。 どこの家にも鍵などはなく、これまで泥棒など入ったことのないのどかな村。
そこへ4人組がやって来ます。
かしらは本当の泥棒ですが、3人の弟子たちは今までの仕事がいやになって、これから泥棒になろうというのです。
かしらは弟子たちに、忍んで入れそうな家をさがして来るよう言い聞かせ、村の中を調べに行かせます。
1人になってしばらくすると、仔牛をつれた品の良い不思議な男の子がやってきます。男の子は、「これ、あずかっておくれ。」と言って、かわいい仔牛をあずけていきます。人からものを盗んだことはあっても、あずけられるなんて・・・
仔牛はすっかりかしらになついてしまいます。かしらのことを怖がらない村の女の子の相手をしているうちに、かしらは子どもの頃のことを思い出して、つい涙ぐんでしまいます。
そこへ弟子たちが戻ってきて、仔牛がいるのでびっくり。しかし、いつまでたっても男の子は仔牛を取りにきません。かしらは、むしょうに仔牛を男の子に返したくなって、村中を探しまわるのですが、男の子は見つかりません。
そこへ女の子が村役人を連れてきてしまい・・・いつの間にか夜になり、きれいな月明かりの中、奇妙な夜が深まっていくのです。
その他注意事項
スタッフ 原作:新美南吉
脚本・演出:鈴木龍男
美術:佐藤琢人
照明:田中祐太
音楽:日高哲英
振付:吾妻寛穂
効果:横山あさひ

[情報提供] 2013/07/16 18:46 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/07/16 18:55 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大