Bunkamura

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

他劇場あり:

2013/10/08 (火) ~ 2013/10/29 (火) 公演終了

上演時間:

忘れ去られた町で、お甲と孤独な少年・アリダの魂が邂逅するその時
流し台が宙を舞い、水芸の水は赤く染まる―。

心中の生き残りとしてもなお、その生命力を燃やす水芸人・お甲(大空祐飛)。
少年から、禁断の恋に翻弄される青年へ―。多面的な煌めきを魅せるアリダ(窪田正孝)。
寂れた町で、過去...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/08 (火) ~ 2013/10/29 (火)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 大空祐飛、窪田正孝、平幹二朗、鳥山昌克、マメ山田、プリティ太田、赤星満、他
脚本 唐十郎
演出 蜷川幸雄
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 9,500円
【発売日】2013/08/04
S・¥9,500 A・¥7,500 コクーンシート・¥5,000(税込)
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/13_taki.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 忘れ去られた町で、お甲と孤独な少年・アリダの魂が邂逅するその時
流し台が宙を舞い、水芸の水は赤く染まる―。

心中の生き残りとしてもなお、その生命力を燃やす水芸人・お甲(大空祐飛)。
少年から、禁断の恋に翻弄される青年へ―。多面的な煌めきを魅せるアリダ(窪田正孝)。
寂れた町で、過去を追い求めるかに見える謎の男、銀メガネ(平幹二朗)。


<物語>

静まり返った長屋の前の路上を、少年・アリダが歩いている。
「どうして僕をつけるのですか」
アリダが振り返って叫ぶと、そこには銀メガネをかけた男が立っていた。
十年前に幼いアリダを誘拐しようとした男である。
今日はアリダの兄の一周忌。
兄は同棲していたお甲と心中を図って死に、お甲だけが生き残った。
お甲は兄との間にできた子のミルク代にまで困り、兄に貸した金を返して欲しいとアリダに言ってきたのだった。銀メガネは言を弄してアリダが用意してきた金を預かってしまう。そこにお甲が現れる。お甲は時に優しく時に厳しく。さらに哀れを誘うように金をねだる。明日は、お甲の隣人のアトムたちがプロレス巡業に出発する日。彼らに旅費を渡したいお甲は、自分の唯一のとりえである〝水芸〟と引き換えにお代をもらおうと決心する。そして―。

「できます。踊ります。この白糸太夫は!
万事はこの一時から!それでは皆様、手首の蛇口をはずしましょう!」

「菖蒲はどこだ、この夜をあやして守る。ぼくらのあやめは!」
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/07/16 05:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/24 12:13 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大