演劇

七ツ寺プロデュース第21弾

Krapp's Last Tape

七ツ寺共同スタジオ

七ツ寺共同スタジオ(愛知県)

2013/10/24 (木) ~ 2013/10/27 (日) 公演終了

上演時間:

あらすじ
六十九歳の誕生日を迎えた老人が、長年の習慣どおり、この一年の回顧をテープに吹き込もうとする。彼はまずウォーミングアップのため三十年前のテープを引っ張り出して聞いてみる。と、満三十九歳の彼が、その一年の回顧を吹き込むにあたってまず「十年か十二年前の」テープを聞いてみた感想を語り出す。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/24 (木) ~ 2013/10/27 (日)
劇場 七ツ寺共同スタジオ
出演 藤原大介
脚本
演出 田辺剛
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】2013/07/29
一般前売 3000円  
一般当日 3500円

学生前売 2000円 
学生当日 2500円
サイト

http://nanatsudera.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年10月24日(木) 19時30分開演
         25日(金) 19時30分開演
         26日(土) 19時30分開演 #1
         27日(日) 19時30分開演 #2

◎アフタートーク◎ 
ゲスト
#1 吉田俊英(豊田市美術館 館長)
#2 山口茜(劇作家、演出家、トリコA)
説明 あらすじ
六十九歳の誕生日を迎えた老人が、長年の習慣どおり、この一年の回顧をテープに吹き込もうとする。彼はまずウォーミングアップのため三十年前のテープを引っ張り出して聞いてみる。と、満三十九歳の彼が、その一年の回顧を吹き込むにあたってまず「十年か十二年前の」テープを聞いてみた感想を語り出す。自信たっぷりに語る三十九歳の彼の声が沈黙のなかを空回りする。六十九歳の老人は虚空を見つめる。
(「ベスト・オブ・ベケット 勝負の終わり/クラップの最後のテープ」(白水社、2008年)の解題より)

-----
ごく当たり前のことだが、発したとたんに消えてしまう声には過去がない。けれども録音機の発明によって、声の痕跡は残すことができるようになった。現在はどうだろう。もはや声だけではない。映像によっても「わたし」の痕跡は保存される。その保存もWebの利用によって、おそらくベケットも想像しなかった方法で可能になった。今回の舞台上演では、メディアによって生み出された時空のなかに「わたし」がどのようにありうるのかを考える機会にしたい。
田辺剛

-----

■田辺剛(たなべつよし)
「下鴨車窓」主宰。劇作家、演出家。劇場「アトリエ劇研」ディレクター。同劇場のプログラムを担当するとともに、創作の拠点として活動を行う。2006年秋より文化庁新進芸術家海外留学制度で韓国・ソウル市に一年間滞在し、劇作家として研修。2007年に『旅行者』で第14回OMS戯曲賞佳作を受賞。そのほか、日本劇作家協会会員、同協会京都支部事務局担当、NPO法人京都舞台芸術協会理事などを務めている。
その他注意事項
スタッフ 【スタッフ】
照明:大林さや花
音響:中山聡子
協力:アトリエ劇研

[情報提供] 2013/07/15 12:47 by imai ayako

[最終更新] 2013/10/08 08:20 by imai ayako

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

ジャコウ

ジャコウ(3)

演出

プロデューサーです。

みと

みと(0)

よろしくです。

imai ayako

imai ayako(0)

スタッフです

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大