演劇

松竹

新橋演舞場(東京都)

2013/08/02 (金) ~ 2013/08/27 (火) 公演終了

上演時間:

戦後から東京スカイツリー®のある現代まで
東京・浅草を舞台に繰り広げられる
笑いあり、涙ありの心温まるものがたり


戦後間もない東京・浅草。
大阪から上京して、日本橋の呉服問屋「三杉」で女中奉公していた河村花(藤山直美)は、
若旦那の三杉喬 (市川月乃助)と恋に落ち、お腹に喬の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/08/02 (金) ~ 2013/08/27 (火)
劇場 新橋演舞場
出演 藤山直美、市川月乃助、仁支川峰子、河西健司、ベンガル、石倉三郎、安達祐実、加賀まりこ
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,520円 ~ 13,650円
【発売日】
1等席:12,600円
2等席:8,400円
3階A席:4,200円
3階B席:2,520円
桟敷席:13,650円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/schedule/2013/8/post_111.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 戦後から東京スカイツリー®のある現代まで
東京・浅草を舞台に繰り広げられる
笑いあり、涙ありの心温まるものがたり


戦後間もない東京・浅草。
大阪から上京して、日本橋の呉服問屋「三杉」で女中奉公していた河村花(藤山直美)は、
若旦那の三杉喬 (市川月乃助)と恋に落ち、お腹に喬の子を宿していた。
花は喬の言葉を信じ、二人で共に人生を歩むために店の金を持ち出すが、
喬は昔の婚約者浅倉みゆき(仁支川峰子)と駆け落ちしてしまう。
悲しみに暮れる花は、流れる水に身を任せられたらと、
隅田川に架かる橋のたもとで川に見入っていた。

そこに、金貸しと質屋を営む「かね升」の女主人・丸井かね(加賀まりこ)と
番頭の幸造 (河西健司)が通りかかる。
かねは「身投げは子を無事に産み落してからでも遅くない」と、
強引に花を自分の店に連れて行くのだった。

時は流れて…。
花はその持ち前の明るさで、かねの厳しさに負けず、
大番頭の仙吉(石倉三郎)や店員の九郎(ベンガル)、幸造に見守られ、
かねの片腕として、かね升金融を切り盛りするほどになった。
花の子・桃子(安達祐実)は、かねを母と呼び、実の母である花のことはおばさん呼ばわり。
何とも不思議な親子関係だが、もうすぐ高校生になる桃子の成長には、
花もかねも目を細める毎日。

ところがある日、かね升に喬が現れ、花とやり直したいと言い出す。
しかし、二人で幸せになるためには、
ある土地の権利書が必要だという喬の言葉に花の心は揺れ動く。
そんな中、桃子の高校合格祝いの席で、花とかねが衝突。
かねに加担した桃子に、花は手をあげてしまう。
もはや花の心の支えは喬だけ。花は土地の権利書を手に出て行くのだが…。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/07/13 00:10 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/08/16 14:59 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大