公益財団法人日本舞台芸術振興会

ゆうぽうとホール(東京都)

2013/11/28 (木) ~ 2013/12/01 (日) 公演終了

上演時間:

 クラシック・バレエやコンテンポラリーはもとより、近年は〝セリフ″を操る演劇的作品まで。年齢とともにあらゆる表現を身に着けて自らを進化させ、いまなおバレエ界の女王として圧倒的な存在感をもつシルヴィ・ギエム。インド舞踊“カタック”とダンスを融合させた振付や異分野を越境していくユニークな創作で、大...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/28 (木) ~ 2013/12/01 (日)
劇場 ゆうぽうとホール
出演 アクラム・カーン、シルヴィ・ギエム
演出 アクラム・カーン
振付 アクラム・カーン、ほか
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 15,000円
【発売日】2013/07/27
S=¥15,000 A=¥13,000 B=¥9,000 C=¥6,000 D=¥4,000
学生券 ¥1,500
(10月18日(金)よりNBS WEBチケットのみで発売。25歳までの学生が対象。公演当日、学生証必携)
◆ペア割引券 ※NBS(電話、WEBチケット)のみで7/27(土)より受付。
S券ペア割=¥29,000 A券ペア割=¥25,000
サイト

http://www.nbs.or.jp/stages/1311_sacredmonsters/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル  11月28日(木) 7:00p.m.
 11月29日(金) 7:00p.m.
 11月30日(土) 3:00p.m.
 12月 1日(日) 3:00p.m.  
説明  クラシック・バレエやコンテンポラリーはもとより、近年は〝セリフ″を操る演劇的作品まで。年齢とともにあらゆる表現を身に着けて自らを進化させ、いまなおバレエ界の女王として圧倒的な存在感をもつシルヴィ・ギエム。インド舞踊“カタック”とダンスを融合させた振付や異分野を越境していくユニークな創作で、大きな注目を浴びているアクラム・カーン。
 本作は、西洋と東洋の正反対の古典の規範を身に着けたこの2人の“聖なる怪物たち”の、歩んできた道のりと現在をテーマにした未踏のコラボレーションです。
 氷山を思わせる寂寥感漂う美術。多国籍のヴォーカリストとミュージシャンたちがライブで奏でる、浮遊感と激しいリズムを行き来する音楽。その中でギエムは衰えのないしなやかな身体を駆使して踊り、カーンは俊敏な旋回を披露します。二人は子供時代のダンスの稽古、芸術上の自由を求める闘いといった来し方を語り、あるいは対話します。そして両手をつないだまま戯れ、挑むようにダイナミックに踊ったり、ギエムがカーンの胴に脚を巻きつけ、一対のインドの神の彫刻のごとく神秘的なダンスを披露します。
 感動的な身体を見せつけながら、孤独な素顔をさらけ出し、なおも進む道を探る求道者のごとき姿を浮かび上がらせる2人の〝聖なる怪物たち″。
 2009年に日本で初演され、新鮮な感動を呼んで絶賛を浴びた舞台が戻ってきます!
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/07/06 20:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/29 09:44 by 土反

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大