ふと、立ち止まり、語り出す 公演情報 ふと、立ち止まり、語り出す」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.4
1-5件 / 5件中
  • 満足度★★★★

    面白いが,,,,
    メインの登場人物4人の出来事や思い(台詞)がリンクしつつ進行していくストーリー、なかなか興味深かったです!

    ネタバレBOX

    ただ、てっきり4人がどこかで交錯するものと思って観ていたので、若干混乱する部分がありました。最初に出てくる4人と直接かかわった人とをしっかり観せてくれたらもう少し解りやすかったのかな!?とも感じました。
  • 満足度★★★★

    新鮮
    四本の一人芝居が交錯する実験的な作品。新鮮ではあるがセリフの本当の相手を想像しながら絡んでいるリアルな別ストーリーの相手を観るので結構忙しい。人物描写で断片切り取りすぎて個々のキャラの深掘りがないのはちょっと不満。

    ネタバレBOX

    たった10ステージなのにダブルキャストというのはいただけない。明らかに、ダブルキャスト側の出来が足りない。ePと平田裕香がほぼ完璧だったので田中飄かみ過ぎが目立つ。残念。あと川並先輩に恋する平田裕香が想像できんwww


    平田裕香が可愛い過ぎる。最後衣装の違和感のなさが驚異的。今日は声が凄く良く出てた。並行していろいろ声の仕事が入っているからか。背中向いている状態からあれだけ透れば文句なし。上手くなってるのが嬉しいファン心理。

    最初と最後、薬屋とかユイとか要らない。車椅子の独白などなおさら。あと、今日の気候もあるが、劇中暑過ぎる。更に、案内のメールにもサイトにも受付開始時間が書いてない。制作の配慮が足りないのは残念。
  • 満足度★★★

    面白い方法論
    脚本の形式がとても斬新で面白かった。

    ただ、物語の内容自体は平板な印象。

    ネタバレBOX

    役者の演技はすべてモノローグか、対話相手を想定しての独り演技。
    その演技が複数、一つの舞台上で同時に存在している。

    このように書くと、単にバラバラの演技をしているだけだと思われてしまうかもしれないが、そんなことはない。
    役者Aが対話を想定している相手は、役者Bと重なってみえたりする。それぞれが全く別の会話をしながらも、それが対話になっているかに見えるように構成されている。

    これによって、観客は、劇場空間に再現された劇の一場面を観るのではなく、異質な他者が行き交う世界そのものの縮図を見ているような感覚に襲われる。街に行き交う人の群れも、その一人一人の中にはそれぞれの物語があり、その物語の中で当人は主人公である。それが世界を形作っている。世界があってそこに人がいるのではなく、異質な人間が集まることで世界が形成されている。その縮図を見ているようだ。

    異質と言っても、そこで各々が抱える苦悩は重なる。そして、そこで交わされる会話も似通っているものだ。その共通項が、この舞台をギリギリのところで解体させずに保っている。
    脚本上の技巧の問題だけではなく、舞台と観客の想像力を繋ぐものとしても。

    私が、この方法論を観たのは初めてではない。
    TOKYO PLAYERS COLLECTION(作・演出:上野友之 )『IN MY TWENTIES』でも、似た演出が試みられていた。(私は上野友之作品はこの作品しか見ていないので、彼がよく使う手法なのかは知らないが、この演出にはとても驚いた。)
    正直に言えば、上野氏の演出の方がはるかに巧妙だった。役者Aと役者Bは本当に会話しているのだと芝居にグッと惹きつけられていると、「あっ、これは別の人と対話しているんだ」と異化される。その緊張と緩和のバランスも絶妙だった。また、上野作品では、かつて自分が他者に言いっていたことが、別の場面では、相手を変えて自分が言われていたり、またその逆など、自己と他者の境界、自己の変化の問題などもそこから受け取ることができた。

    今作でも、そのような問題も描かれてはいるものの、いまいち入り込めなかった。ただし、上野氏はこの方法を部分的に使っているのに対して、今作では全編この方法で作り上げているので、その点を比較して是非を論じるのは適当ではないかもしれない。後者の方が、方法としてはるかに困難だからだ。

    全編この方法を用いたという実験精神に敬意を表したい。

    ただ、その方法を抜きにした物語内容自体は平板だった。
    大きな困難に直面した4人の主人公が、人生に絶望するも、それでも起き上がって生きていかなければならないと前を向くという話。
    物語として物足りなかった。

  • 満足度★★★

    個の話なのだけど
    進行の仕方はとても新鮮でした。

    ネタバレBOX

    恋人を交通事故で亡くした青年、陸上800m走で転んでしまった女子高生、登山中の事故で車椅子生活になった大学生、借金が返しきれず荒っぽい取り立て屋に追われるサラリーマンなど、人生で傷ついた人たちがもう一度立ち直る話。

    複数の人物が登場し、それぞれが独白する形で進行。例えば舞台に二人いたとして、脈略上は二人は全く関係無いのですが、共通する単語が出てきたり、面と向かって交互にしゃべったりするので、まるで二人が会話をしているような錯覚に陥ってしまいます。

    青年は恋人の死を受け入れ、女子高生は今後も走り続ける決心をし、大学生は相棒の車椅子にエベレストと名付け、サラリーマンは歌手を目指し、それぞれは立ち直りました。

    形式はとても新鮮でしたが、内容的には奥行きのない陳腐なものでした。また、亡くなった恋人、女子高生が憧れた先輩、ニセ毒薬の売人なども登場しましたがかえって邪魔で、四人だけの方が想像力が働いてもっと良くなったのではないかと思いました。
  • 満足度★★★

    スタイルとしては野心的な作品。若い世代向けか?
    韓国の演劇賞/新春文芸賞を受賞したキム・チョンヨンの戯曲を日本初公演!。


    4人の男女が、一つの舞台の上で、それぞれの人生を生きる。

    スタイルとしては、かなり実験的、というか、野心的な作品。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    どこが実験的、野心的かというと、こういうスタイルの芝居では、この4人が途中から何らかの交流を持つ、というのが定番だと思う。

    しかし、今回は、最後まで4人がリアルに交わることはない。

    そこが新しい、と感じた。


    作り手の狙いとしては、どこにでもいそうな普通の若者4人、かれらの人生のディテールのどこかに、観客が共鳴、共感してもらえれば…ということらしい。

    しかし、私の感性では、そのディテールがやや類型的であったような気がした。

    これは年代によって受け取り方が違うかもしれない。

    日本の20代、30代は感銘を受けるのかも。また、韓国の若者たちには強烈に響く世界なのかもしれない。

このページのQRコードです。

拡大