舞踊・バレエ

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2014/01/23 (木) ~ 2014/01/26 (日) 公演終了

上演時間:

2011/2012シーズンにダンス公演『カラマーゾフの兄弟』を小劇場にて新作上演し、高い評価と観客の圧倒的な支持を得た小野寺修二 カンパニーデラシネラ。今回は、カンパニーの新境地を開くきっかけとなった08年の作品『ある女の家』を、中劇場の空間で改訂再演します。 空間を自在に操るようなスピーディ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/01/23 (木) ~ 2014/01/26 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 カンパニーデラシネラ、浅野和之、河内大和、竹内英明、藤田桃子、小野寺修二
演出 小野寺修二
振付 小野寺修二
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 5,250円
【発売日】2013/10/20
A席 5,250
B席 3,150
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/dance/performance/140123_001624.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2011/2012シーズンにダンス公演『カラマーゾフの兄弟』を小劇場にて新作上演し、高い評価と観客の圧倒的な支持を得た小野寺修二 カンパニーデラシネラ。今回は、カンパニーの新境地を開くきっかけとなった08年の作品『ある女の家』を、中劇場の空間で改訂再演します。 空間を自在に操るようなスピーディで刺激的な演出・振付に「セリフ」が加わり、誰も見たことの無い、しかも目を離すことのできない魅力的な世界が創造されることでしょう。


2013/2014シーズンダンス 「ある女の家」 出演者降板のお知らせ
http://www.nntt.jac.go.jp/dance/news/detail/131219_003675.html
新国立劇場2013/2014シーズンダンス『ある女の家』の出演者降板に関して、下記のとおりお知らせいたします。

『ある女の家』(2014年1月23日初日)に、出演を予定していた梶原暁子は、本人の怪我のため出演できなくなりました。

なお、この出演者降板に伴うチケットの変更及び払い戻しはいたしません。ご了承ください。
その他注意事項
スタッフ 構成・振付:小野寺修二
照明:磯野眞也
美術:松岡いづみ
衣裳:堂本教子



[情報提供] 2013/06/30 15:36 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/01/25 18:49 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大