演劇

手塚治虫生誕80周年記念

アドルフに告ぐ

Studio Life(スタジオライフ)

天王洲 銀河劇場(東京都)

2007/12/20 (木) ~ 2007/12/30 (日) 公演終了

上演時間:

第二次世界大戦当時の日本とドイツを舞台に、アドルフという名前をもつ3人の男がたどった数奇な運命と、国家という枠組みの中で翻弄される人間たちの悲劇を描く、天才・手塚治虫の代表傑作『アドルフに告ぐ』。
この不朽の名作を「手塚治虫生誕80周年」という記念すべき時に、StudioLifeが舞台化を実...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/12/20 (木) ~ 2007/12/30 (日)
劇場 天王洲 銀河劇場
出演 山本芳樹、荒木健太朗、小野健太郎、松本慎也、曽世海司、甲斐政彦、倉本徹、林勇輔、深山洋貴、船戸慎士、奥田努、寺岡哲、牧島進一、篠田仁志、下井顕太郎、大沼亮吉、関戸博一、三上俊、吉田隆太、仲原裕之、政宗、石飛幸治、藤原啓児、河内喜一朗
脚本 倉田淳
演出 倉田淳
料金(1枚あたり) 4,600円 ~ 6,500円
【発売日】2007/10/28
料金(全席指定/税込)
FC(前売・当日共) S席6,000円/A席4,600円
一般(前売) S席6,300円/A席4,800円
一般(当日) S席6,500円/A席5,000円

Ehre(エーレ)チーム、Mut(ムート)チームのダブルキャスト公演になります。
サイト

http://www.studio-life.com/stage/adolf/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 第二次世界大戦当時の日本とドイツを舞台に、アドルフという名前をもつ3人の男がたどった数奇な運命と、国家という枠組みの中で翻弄される人間たちの悲劇を描く、天才・手塚治虫の代表傑作『アドルフに告ぐ』。
この不朽の名作を「手塚治虫生誕80周年」という記念すべき時に、StudioLifeが舞台化を実現!
これまでに「死の泉」(原作/皆川博子)、「パサジェルカ」(原作/ゾフィア・ポスムイシ)と第二次世界大戦中のナチスを取り巻く悲劇の物語を上演してきたStudio Lifeが、長年の悲願だった手塚作品「アドルフに告ぐ」の世界に挑みます。

厳格なナチス党員であるドイツ人の父と日本人の母をもつハーフの少年、アドルフ・カウフマン。
ドイツから神戸へ亡命し、流暢な関西弁で実家のパン屋を手伝うユダヤ人の少年、アドルフ・カミル。
そして、世界を震撼させるナチス総統アドルフ・ヒットラー。
3人の運命は交錯し、哀しい未来へと進んでゆく。

常に「人間」という複雑な存在を追求し、その心情心理と「愛の在り処」を美しく情感豊かに物語ってきた
Studio Lifeが、手塚作品の中でもひときわ繊細でシリアスな「アドルフに告ぐ」をどう描くのか。
Studio Lifeの新たなる飛躍の瞬間にどうぞご期待ください。
その他注意事項
スタッフ 原作:手塚治虫
脚本・演出:倉田淳

[情報提供] 2007/10/15 13:37 by こりっち管理人

[最終更新] 2011/02/03 01:15 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大