潮騒の彼方に 公演情報 潮騒の彼方に」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.2
1-8件 / 8件中
  • 満足度★★★

    落ちきってないか
    二つの物語が進んでいくのだが、それ程の関係性も繋がる要素もあまり見せずに、何となく繋がった感じだったかな(最初は過去と現在?と思ったが)
    もう少し、両方の物語の橋渡しとなるキーキャラに繋ぐ部分の物語を描いてくれればよかったのだが。
    また、物語のプロット的なのは悪くはないと思うが、脚本に落ちきってない感じ。 後、物語のウソがちょっと雑過ぎるかな。面白かったと感じたが(物語の世界には引き込まれてましたから)、ただ、もっと面白く、なる程と思わせる作品にはなった気がする。

  • 満足度★★★

    身振り手振り
    役者のテンションがとても高い。
    一つの言葉に一つの動き。
    テンポの良さ、切り替えの早さは見て伺えたが
    はたして必要なのだろうか?
    蛸屋あゆみの女性役としての芝居を見てみたいと思った。

  • 満足度★★★

    納得!
    大声で喋る理由がやっと分かりました。

    ネタバレBOX

    大好きな兄が取るはずだった文学賞を受賞した作家を恨んで殺害しようと作品の中の登場人物だと言って近づき、また、妹を亡くした男の子が莫大な遺産を相続することを知ったことからこの男の子にその妹だと言って近づいた女性の話。

    二人とも落ち込んでいて、そんなときに現れたもので、他人を幸せにする嘘はまあ良いことだということもあって二人とも騙されていてあげていたため、傍から見ると何かSFっぽい状況に見えました。

    本作品を観て、そして観たばかりの『見世物革命ゴウマちゃん』に出てきた花魁を思い浮かべたことで、学生演劇が大声で喋る理由がやっと理解できました。廓言葉と同じでした。地方から集まって、それぞれが話す方言や訛りじゃ分かりづらいということで大声で喋れば皆同じ、つーか公平というわけだったのですね。

    極端な方言や訛りでなければ日本全国皆理解できますからそろそろ大声は必要ないのではないでしょうか。
  • 満足度★★★

    ・・・
    前作『世界は僕を切り撮って』はとても面白く拝見したのですが、今作は入りこめませんでした。

    ネタバレBOX

    物語に入りこめなかったため、前回と似た演技の質であっても、まったく違った見え方がしてしまった。

    前作では、エネルギー溢れる演技と見えていたものが、
    今作では、過剰な演技・演出という見え方になってしまった。

    脚本も、前作では、多少ご都合主義的ではあっても、それもスペクタクルを作り出す上で仕方がないのかなぁと思って観ていたが、
    今作では、ご都合主義が前作以上に気になってしまった。

    演技・演出であれ、脚本であれ、前回と何かが大きく変わった訳ではない。単に私が作品に入り込めなかったために、そう見えてしまっただけだ。

    なぜ作品に入り込めなかったのかは、自分でもよくわからない。

    脚本自体がそもそも前作の方がよかったような気がするが、
    それ以外の点として、前作といろんな部分で似ていたというのは、
    私が観客としての興味失った大きな要因のような気がする。

    前作と、内容・設定・配役・演技の質など、もろもろが似ていて、
    作品によって登場人物の在り方が変わらないというのが、どうも納得できなかった。
    ポストドラマ演劇/ドキュメンタリー演劇(役者が役を演じない演劇)を除いて、一般的な演劇では、
    役者は役を演じているのであり、物語によって、当然その人物設定は変わってきてしかるべきだと思うが、前作と同じ登場人物が別の物語を演じているという印象だった。

    とても真面目に、真剣に芝居に取り組んでいる劇団だと思うので、本音で書かせていただきました。偉そうなことを書いて、すみません。

    次回作に期待しています。
  • 満足度★★★

    ウミ
    蛸谷歩美は男の子に見えた。

    ネタバレBOX

    セリフが聞き取りにくい。セリフのトーンに変化が少ないためか、平坦に聞こえてしまう。シーンシーンのメリハリがユルい気がする。登場人物への移入ができなかった。ギャグ的にもシリアス的にも、エッジを利かせてほしかった。会話に締まりがないというか。
  • 満足度★★★★

    スピーディ&ハイテンション◎
    序盤から中盤にかけての畳み掛けるようなスピーディな展開や、思い切りの良いハイテンションな演技など、随所に”蛻皮表演らしさ”が観られた舞台でした。

    ストーリーも時系列を順に追ったスタイルで判り易かったし、今回初参加のメンバーも”蛻皮表演の世界観"に上手く溶け込んでいてなかなかの好演だったと思います。

    ネタバレBOX

    そう言えば「自費出版詐欺」って、5〜6年くらい前に知り合いがやってたのを思い出した。「300万円で本を出版しませんか?」っていう感じのもの。マスコミという業界にどっぷり漬かってると善悪が逆転してしまう。

    つくづく異常な世界だなぁと思う。
  • 満足度★★★

    個性的な女優さん!
    蛻皮表演初めて観劇しました。個性的な女優さんがふたりいらっしゃるですね。
    会話の台詞に特徴があるようですが、普通の話言葉ははっきり聞こえるのですが、ギャグのところがところどころ聞き取りづらかったです。
    妹が何者かわかり出してからの展開と配役の心情興味深く思いました。
    できれば次回は違ったタイプの舞台が観たいです。

  • 満足度★★★★

    蛻皮表演らしい、テンポよい畳みかけるストーリー展開。
    蛻皮表演らしさがますます色濃く打ち出されていて、楽しく観ることができた。

    特に後半の、テンポよい畳みかけるようなストーリー展開に引き込まれた。

    私は、この劇団のファンなので、皆様に、ぜひおススメしたい(^o^)/゛。



    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    今回は、蛸谷歩美、岩井美香、小倉梨依ら常連メンバー以外に、神山由依、白水大吾、西尾優一が出演しているが、彼らが実に蛻皮表演ワールドに溶け込み、楽しげに伸び伸びと演技しているのが、印象的だった。


    ストーリー的には、前半、2つの話が併行して進むのだが、最初、やや唐突な印象で私は戸惑った。

    何か演出で2つの話の差異が出せたら、とも感じた。

    また、舞台背後に、書棚がしつらえられている。これは作家の部屋、という設定かもしれぬが、他のシーンの時に邪魔をしていた。抽象舞台でよかったのではないか、と思う。


このページのQRコードです。

拡大