演劇

柿喰う客 こどもと観る演劇プロジェクト2013

平成25年度公共ホール演劇ネットワーク事業

演劇

柿喰う客 こどもと観る演劇プロジェクト2013

ながぐつをはいたねこ

平成25年度公共ホール演劇ネットワーク事業

柿喰う客

アルカスSASEBO(長崎県)

他劇場あり:

2013/11/23 (土) ~ 2013/11/23 (土) 公演終了

上演時間:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「わたくしに立派な長靴をください!
ご主人さまを助けてさしあげましょう!」

かしこい猫と心優しい青年の奇想天外な大作戦!?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「こどもと観る演劇プロジェクト」とは?!

2011年2...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/23 (土) ~ 2013/11/23 (土)
劇場 アルカスSASEBO
出演 深谷由梨香、永島敬三、大村わたる、葉丸あすか、板橋駿谷
脚本 シャルル・ペロー、中屋敷法仁
演出 中屋敷法仁
料金(1枚あたり) 500円 ~ 2,000円
【発売日】2013/08/24
全席自由
大人 2,000円
子供(3才~高校生)500円
※2才以下はご入場いただけません。託児サービスをご利用ください。
サイト

http://kaki-kuu-kyaku.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月23日(土) 11:00
説明 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「わたくしに立派な長靴をください!
ご主人さまを助けてさしあげましょう!」

かしこい猫と心優しい青年の奇想天外な大作戦!?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「こどもと観る演劇プロジェクト」とは?!

2011年2月柿喰う客「ながぐつをはいたねこ」@三重県文化会館より始まった柿喰う客の新機軸。
「こどもと観る演劇」とは、こどもの為の演劇でも、こどもに観せたい演劇でもありません。
おとなとこどもが、同空間でひとつのものを観賞し、体験を共有することが目的です。
観劇後、こどもと観た演劇作品について、「面白かったね」でも「面白くなかったね」でも、何でも結構ですので、おとなとこどもで語り合ってもらうことが大事だと思っています。
演劇や劇場が、世代を越えたコミュニケーションのツールとして機能することは、私たちが望む舞台芸術のひとつの在り方です。


柿喰う客「ながぐつをはいたねこ」とは?!

「長靴をはいた猫」は、ヨーロッパに古くから伝わる民話のひとつです。
かしこい猫が大活躍するこの物語は、時代や国によって様々にかたちを変え、世界中で、多くの人々によって語り継がれてきました。
柿喰う客による「ながぐつをはいたねこ」は、フランスの作家シャルル・ペローによって著されたものを原典とし、いろいろな地域の「長靴をはいた猫」からアイデアを取り、そこに新解釈を加えたものとなっております。

------------------------------------
その他注意事項 ☆この作品は公共ホール演劇ネットワーク事業として全国7都市を巡演します。

【茨城】 9月29日(日) ひたちなか市文化会館 
【新潟】10月 5日(土)- 6(日) 妙高市文化ホール
【石川】10月12日(土)-13(日) 金沢市民芸術村 
【岐阜】10月26日(土) 大垣市スイトピアセンター 
【三重】11月 2日(土)- 3(日) 三重県文化会館 
【愛知】11月 9日(土) 長久手市文化の家 
【長崎】11月23日(土) アルカスSASEBO 

助成:一般社団法人全国モーターボート競走施行者協議会/財団法人地域創造/公共ホール演劇ネットワーク事業

------------------------------------
スタッフ 美術:原田愛
照明:松本大介
音響:上野雅
音楽:佐藤こうじ
舞台監督:川除学
宣伝美術:山下浩介
映像撮影:竹崎博人
WEB:間屋口克
制作:斎藤努

[情報提供] 2013/06/07 16:57 by 三重県文化会館

[最終更新] 2015/01/28 22:47 by 三重県文化会館

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

朝寝坊 夢乃輔

朝寝坊 夢乃輔(0)

照明

あかりです。

Spacetrip

Spacetrip(7)

制作

制作をします。

三重県文化会館

三重県文化会館(0)

三重公演やります!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大