演劇集団円

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2013/07/19 (金) ~ 2013/07/28 (日) 公演終了

上演時間:

◆概要
チェーホフは「自分のありのままの姿をみる能力が与えられれば人間はもっと良くなる」と言いました。
それがいかに困難か、世界を見つめる目を日常に持ち続けた作家の目を通して他の作品同様、「ワーニャ伯父さん」もありのままの人間の姿を描いている作品です。
国境や時代を超えて多くの人に愛され...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/19 (金) ~ 2013/07/28 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 金田明夫、高林由紀子、岡本瑞恵、藤田宗久、上杉陽一、吉見一豊、朴璐美、山根舞、相馬一貴
脚本 内藤裕子
演出 内藤裕子
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 5,500円
【発売日】
[全席指定]
《一般》 5,500円   《学生》 3,500円
ペアチケット 10,000円(一般2枚1組 劇団扱いのみ)
サイト

http://www.en21.co.jp/wa-nya.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ◆概要
チェーホフは「自分のありのままの姿をみる能力が与えられれば人間はもっと良くなる」と言いました。
それがいかに困難か、世界を見つめる目を日常に持ち続けた作家の目を通して他の作品同様、「ワーニャ伯父さん」もありのままの人間の姿を描いている作品です。
国境や時代を超えて多くの人に愛される普遍性を持ち続けているのもこの「ありのまま」を描いているからに違いないでしょう。
今生きる私たちを取り巻く環境は、一つの価値観が大きく崩れ、変革しつつあります。その時こそ、現実を、人間を表現する必要があるのではないでしょうか。
生き生きと、血の通う登場人物と物語に、生命を吹き込んで、「今」を共有するために、「ワーニャ伯父さん」を上演いたします。


◆あらすじ
ワーニャと姪のソーニャが暮らす田舎の荘園に、夏のはじめ、ソーニャの父のセレブリャコーフが退職し後妻のエレーナを連れてやってくる。ワーニャは長年セレブリャコーフを崇拝し、彼の自己を犠牲にして領地を管理してきたのだが、尊大で身勝手な彼に失望し、若く美しいエレーナに言い寄る。
この地域で医療に従事する医師のアーストロフも森林保護を生きがいにしているが、エレーナに気があるようすで、彼を密かに愛しているソーニャは失望する。九月に入り、セレブリャコーフが都会で暮らすために領地を売りたいと言い出したことから、ワーニャの怒りは爆発する。
その他注意事項
スタッフ 作/A・チェーホフ  台本・演出/内藤裕子

美術・衣裳/伊藤雅子 照明/小笠原純 音響/穴沢淳 舞台監督/浜辺心大朗
演出助手/金子裕明 図案/ナミヘイ 写真撮影/森田貢造 制作/加藤晶子・宮本良太

[情報提供] 2013/05/29 16:32 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/07/27 22:42 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大