演劇

電動夏子安置システム

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2007/11/03 (土) ~ 2007/11/11 (日) 公演終了

上演時間:


―そうですね。つまり、私も、それが言いたかったんです。

【あらすじ】
ジェノルマとは、命令を課されたもの《ノルマ》と、命令を配置してそれを導く先導者《ジェナー》を中心に展開する作為的制約空間の総称であり、人間がより人間らしくあるために争うゲームプログラムである。

《ノルマ》は...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

電動夏子安置システム第16回公演「ЖеНормаN」の公演ダイジェスト

公演詳細

期間 2007/11/03 (土) ~ 2007/11/11 (日)
劇場 シアターグリーン BASE THEATER
出演 永島さや佳(アバンギャルド)、なしお成、野口雄介、前田晶之、渡辺美弥子、小原雄平、高松亮、道井良樹、澤村一博、阿部恭子(多少婦人)、岩田裕耳(メタリック農家)、小笠原佳秀(劇団ボスカレ)、片桐はづき、小泉めぐみ、新野彩子(ダムダム弾団)
脚本 竹田哲士
演出 竹田哲士
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】2007/10/01
前売 2,500円、当日 2,800円
日時指定/全自由席

**割引チケット各種**
▼夏子予約 
0円(劇団のみ取り扱い、全国の「夏子」様全員)
▼セットチケット 
3,500円(劇団のみ取り扱い、要予約)
サイト

http://www.dna-system.com/play/016/play_index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
―そうですね。つまり、私も、それが言いたかったんです。

【あらすじ】
ジェノルマとは、命令を課されたもの《ノルマ》と、命令を配置してそれを導く先導者《ジェナー》を中心に展開する作為的制約空間の総称であり、人間がより人間らしくあるために争うゲームプログラムである。

《ノルマ》は日常生活において、様々な命令を受け、その通りに行動しなければならない。それらの命令は時と場所を選ばれずに与えられ、中には理不尽なものもある。それによって《ノルマ》が周りの状況にそぐわない行動をし、社会と摩擦を起こすことも十分にあり得る。

《ジェナー》は、《ノルマ》に与えられている命令を知っていて、これらの命令を管理・整理することで、《ノルマ》が自然な生活をおくれる様に、最大限の働きをする。

この11月版では、数あるジェノルマのルールから、【貿易】と呼ばれるルールを使用する。

【貿易のルール】
・14人の人間を7人ずつ2つの組に分け、ある空間で一定の状況を演じ、そこに即した言動が求められる。
・各組には、1人ずつ【規範(ノルマ)】が存在する
・【規範(ノルマ)】は迅速かつ自然に、一つでも多くの『命令(プリーチナ)』を行動する。
・但し【規範(ノルマ)】本人には『命令(プリーチナ)』の内容を明かされる事はない。
・各組には、2人ずつ【妻(ジェナー)】が存在する。
・各組の【妻(ジェナー)】は、『命令(プリーチナ)』の内容に沿って【規範(ノルマ)】の行動を導く。
・但し他の者及び【規範(ノルマ)】本人にすら『命令(プリーチナ)』の内容を明かす事はできない。
・各組には、4人ずつ【勢力(スィラー)】が存在する。
・各組の【勢力(スィラー)】は相手の組の【規範(ノルマ)】の行動を阻止する。
・また、【妻(ジェナー)】の意図を汲みとり、自組の【規範(ノルマ)】の行動を助ける為の最大限の働きをする。
・各組【勢力(スィラー)】の内、1人は敵方のスパイ【罪(ヴィナー)】である。
・【罪(ヴィナー)】が誰であるか、その当人しか知りえなく、その働きによってのみ、存在を明らかにできる。
・この空間には【輸出(ヴゥィヴァス)】【輸入(ヴヴォース)】【会合(ビスィェーダ)】という3つの時間が存在する。
・【輸出(ヴゥィヴァス)】の時間には数個の『命令(プリーチナ)』が存在する。
・【輸出(ヴゥィヴァス)】の参加者は各チーム【妻(ジェナー)】1名、【勢力(スィラー)】0~4名とする。
・【輸出(ヴゥィヴァス)】の時間にはチームに属さない【共有の規範(ジェノルマ)】が1人存在する。
・【輸出(ヴゥィヴァス)】では、数ある『命令(プリーチナ)』から、【共有の規範(ジェノルマ)】に、1つでも多くの『命令(プリーチナ)』を行動させる。
・行動させた『命令(プリーチナ)』は、相手チームの『手札(カールタチカ)』として輸出(ヴゥィヴァス)できる。
・【輸入(ヴヴォース)】の参加者は各チーム【規範(ノルマ)】1名、【妻(ジェナー)】1名、【勢力(スィラー)】0~4名と、中立の【共有の規範(ジェノルマ)】が1人とする。
・【輸入(ヴヴォース)】では、輸出(ヴゥィヴァス)された『手札(カールタチカ)』を『命令(プリーチナ)』として、制限時間内に自チームの【規範(ノルマ)】に、行動させる。
・各時間の参加者の編成及び交代は【会合(ビスィェーダ)】の時間でのみできる。
・【規範(ノルマ)】に『命令(プリーチナ)』を行動させ『手札(カールタチカ)』を使い切った組、もしくは『条件(ウスローヴィェ)』を満たした組は勝利する。
・勝利なき組は、連帯してその罰を負う。

以上のルールを基に、2つのチームに分かれ、「人間らしさ」を賭けたゲームが始まる。

―あれが、私の知ってる臼居さんです―。
―じゃあ、…これは誰なんです…?
その他注意事項
スタッフ ■作・演出 竹田哲士
■企画制作 村上朋弘
■演出助手 川村桂一郎
■舞台監督 酒巻未由来
■舞台美術 石田雅大
■楽曲提供 榊原正吾
■音響 古場田良子
■照明 保谷翔太
■照明操作 石井紀行(光本舗)
■ 小道具 オバラック
■ 宣伝美術 煽動屋企画
■ 衣裳 オフィスFLIP-TOP
■映像撮影 大瀧光司
■写真撮影 荒多恵子
■ 制作 村上朋弘 松平信維 酒井智代 高岩健五
■ 協力 アバンギャルド 明治大学演劇研究部 劇団ボスカレ 多少婦人 メタリック農家 ダムダム弾団 宝井プロジェクト ほか

[情報提供] 2007/10/05 13:47 by fliptop

[最終更新] 2009/11/25 15:53 by tech

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

tech

tech(0)

脚本 演出

さあ、ゲームを始めましょう。

fliptop

fliptop(0)

制作です。 えーと、まだまだ見てほしい人たちがいます...

のぐ

のぐ(0)

役者で出演してます!どうかよろしく!

このページのQRコードです。

拡大