蝦夷地別件 公演情報 蝦夷地別件」の観たい!クチコミ一覧

期待度の平均 4.6
1-7件 / 7件中
  • 期待度♪♪♪♪

    重みのある舞台
    作品を読んだことはありません。調べたら歴史の重い部分ですね。この題材をどう生身の人間で描いていくのか?たまにはずっしりと心に重く響く舞台も味わいがあると思います。

  • 期待度♪♪♪♪

    この小説の
    面白さ、ダイナミックさ、歴史認識の高さをどうやって舞台に表現して見せてくれるのか楽しみ~。多くの歴史ものを手掛けている劇団なんですね。未見なので、ぜひ一度見てみたいです!

  • 期待度♪♪♪♪♪

    観たい
    船戸与一の「蝦夷地別件」の舞台、見たいです!

  • 期待度♪♪♪♪♪

    触れたがらない事!
    本土近隣の島の先住民に対して、どんなことをしてきたのか。
    私は多くを知らない。たとえ教科書に記載されていたとしてもそれはほんの数行であろう。時代が変わりつつある中、そんな問題に向き合い掘り下げた船戸与一そして森井睦と約40人のキャスト、スタッフで創られた作品で、その見ていない、いや見ようとしてこなかった歴史を垣間見られればと思う。
    最近観た映画「許されざる者」の中にもアイヌの問題があり、頭にひっかかっていたので、この作品は是非とも観たいです。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    船戸作品
     全作品の演劇化許可を受けている、実力派ピープルシアターの作品。言うまでも無いことだが、歴史(正史)とは、勝者に都合よく作られた物語である。だが、旧くは東北以南、北海道を領していたアイヌの土地を侵略し、略奪し、殺し、騙して、日本国とし、同化政策によって、血統を根絶やしにしようと図ったのは我々、和人である。未だに、北海道では、混血のアイヌに対する差別は露骨である。日本の北、南双方の極にある被差別地域、北海道と東北、沖縄の側からの声を、今、我々は聴かねばなるまい。

  • 期待度♪♪♪♪

    気になる!
    チラシを見て魅かれました。社会性の濃いテーマをどのように演劇として発散させるのか気になります。また、HPに書かれていた「時代の立会人」という言葉の意味を肌で感じたいです。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    これは、ぜひ観たい。
    船戸与一の小説を舞台化している劇団がある、という話を耳にした時、にわかには信じられなかった。

    あの、想像力の翼を縦横無尽に飛来させるような冒険小説の大著の数々を、舞台化できるものなのか、と。

    しかし、こりっち常連諸氏から話を伺うと、瞠目すべき作品に仕上がっている、とのこと。

    これは、ぜひ拝見したい。



このページのQRコードです。

拡大