演劇

プーク人形劇場 2013平和企画

原作 山本真理子「広島の母たち」より(岩崎書店版)

堀 絢子 ひとり芝居 「朝ちゃん」

デザイン:レイアウト:小原美紗 イラスト:げんさい

0 お気に入りチラシにする

演劇

プーク人形劇場 2013平和企画

堀 絢子 ひとり芝居 「朝ちゃん」

原作 山本真理子「広島の母たち」より(岩崎書店版)

プーク人形劇場

プーク人形劇場(東京都)

2013/08/15 (木) ~ 2013/08/15 (木) 公演終了

上演時間:

私たち人形劇団プークは、1929年に創立しました。戦争をくぐりぬけてきた数少ない劇団として、今、あらためて非戦の声を訴えてゆきたいと思います。悲惨な戦争を、核兵器の悲劇を、二度と繰り返してはならない・・・。平和への願いと祈りをこめて、終戦記念日にお届けする「朝ちゃん」の舞台。ひとりでも多くの方...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/08/15 (木) ~ 2013/08/15 (木)
劇場 プーク人形劇場
出演 堀絢子
脚本
演出 栗谷川洋
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2013/05/15
前売り2000円 当日2500円
サイト

http://www.puk.jp/theatre/theater.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年8月15日(木) 15:00/19:00
説明 私たち人形劇団プークは、1929年に創立しました。戦争をくぐりぬけてきた数少ない劇団として、今、あらためて非戦の声を訴えてゆきたいと思います。悲惨な戦争を、核兵器の悲劇を、二度と繰り返してはならない・・・。平和への願いと祈りをこめて、終戦記念日にお届けする「朝ちゃん」の舞台。ひとりでも多くの方に見ていただきたい、そして平和を願う声を少しでも大きくしてゆきたい、それが私たちの思いです。

◆あらすじ◆
舞台は原爆投下翌朝の広島。15歳の少女秋子がひとりで焼け跡をさまよっていると、焼け跡の中から顔はザクロのように割れ、全身が焼けただれた瀕死の朝子を見つけ出す。
秋子は、朝子の母を呼んできて朝子と再会させたが、朝子は「水がほしい」と言い続けながら母の手の中で徐々に弱っていく。朝子を早く休ませるために急いで家に向かう3人。そして、そんな朝子の家族を見て、秋子は自分の境遇について思いを巡らせる。
原作は、奈良県在住の作家、山本真理子さんの「広島の母たち」。秋子、朝子、朝子の母と兄、語りの部分と堀絢子が一人で5役をみごとに演じ分けます。

◆堀絢子 プロフィール◆
国・奉天(現 藩陽)生まれ。青山学院大学卒業後、俳優に。主な出演作に帝劇ミュージカル「スカーレット」文学座「にごりえ」など。
声の出演では、「新オバケのQ太郎」(オバQ)「忍者ハットリくん」(ハットリくん)「チンプイ」(チンプイ)など多数。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督/原  浩
照  明/松村 剛 (㈱ゴー・ライティング・オフィス)
音  響/齋藤美佐男(TEO 株式会社 東京演劇音響研究所)
制  作/堀 慶子 (スタジオデュオ堀慶子事務所)

[情報提供] 2013/04/10 22:53 by みさりんこ

[最終更新] 2013/08/16 11:29 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

プー吉

プー吉(0)

お見逃しなく!

プーク人形劇場・広報部

プーク人形劇場・広報部(0)

プーク人形劇場 2013平和企画。 戦争をくぐり抜け...

みさりんこ

みさりんこ(2)

役者・俳優 その他(人形遣い) 音響 制作 当日運営 宣伝美術 Webサイト

風化させてはいけない戦争体験。 堀さんの気迫の演技は...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大