歌舞伎・伝統芸能

第七回 和の会主催 宝生流能楽公演

「体感する能|葵上 梓の出」

0 お気に入りチラシにする

歌舞伎・伝統芸能

第七回 和の会主催 宝生流能楽公演

「体感する能|葵上 梓の出」

和の会

宝生能楽堂(東京都)

2013/06/29 (土) ~ 2013/06/29 (土) 公演終了

上演時間:

あらすじ 「葵上 梓の出」
正体不明の物怪にとり憑かれ、重病の床にある光源氏の正妻・葵上。高僧による祈祷や薬もいっこうに効き目がなく、梓弓の音で霊を呼ぶ照日の巫女を呼び出し、葵上にとり憑くものの正体を明らかにしようと試みます。一心不乱に祈る巫女。そこに現れたのは、源氏の愛を失って嘆き悲しむ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/06/29 (土) ~ 2013/06/29 (土)
劇場 宝生能楽堂
出演 宝生和英、高橋憲正、澤田宏司、山本則秀、平田広明
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 6,000円
【発売日】2013/02/25
指定席/6,000円 自由(一般)/4,500円 自由(学生)/4,000円 ビギナーシート(指定)/3,000円(税込)
サイト

http://www.hosho-wanokai.com/news/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月29日(土) 16:00開演 
説明 あらすじ 「葵上 梓の出」
正体不明の物怪にとり憑かれ、重病の床にある光源氏の正妻・葵上。高僧による祈祷や薬もいっこうに効き目がなく、梓弓の音で霊を呼ぶ照日の巫女を呼び出し、葵上にとり憑くものの正体を明らかにしようと試みます。一心不乱に祈る巫女。そこに現れたのは、源氏の愛を失って嘆き悲しむ、破れ車に乗った六条御息所の生霊でした。かつて賀茂の祭見物で葵上の家来たちと車の争いになり、侮辱された御息所はその怨みを晴らさんと葵上を枕元で責めたて、幽界へ連れ去ると言って姿を消しますが……
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/02/16 21:36 by 和の会

[最終更新] 2013/05/25 23:36 by 和の会

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大