演劇

日・中・韓 共同制作 演劇「祝/言」プレイベント

ドラマリーディング 祝/言

デザイン:山口 潤

0 お気に入りチラシにする

演劇

日・中・韓 共同制作 演劇「祝/言」プレイベント

ドラマリーディング 祝/言

青森県立美術館

せんだいメディアテーク(宮城県)

2013/02/23 (土) ~ 2013/02/23 (土) 公演終了

上演時間:

3.11演劇人を初めとする表現者たちは心の潰れる音を聞いた
それは今まで持っていた「言葉」が瓦解していく音でもあった
多くの被災者の心情を察するには、今も、大きな困難を伴う
しかし日々は続く
精神的な痛みは大きくなりこそすれ、小さくなり消えることはないだろう
「誰かが隣にいて、あなた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/02/23 (土) ~ 2013/02/23 (土)
劇場 せんだいメディアテーク
出演 なかじょうのぶ(宮城県俳優)、相澤一成(宮城県俳優)、佐藤隆太(福島県俳優)、李丹(中国女優)、キム・ソナ(韓国女優)
脚本 長谷川孝治
演出 長谷川孝治
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
入場無料、要申し込み(限定180席/全席自由)。
サイト

http://www.aomori-museum.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 14時00分開演(13時30分開場) 16時30分終了予定

・ドラマリーディング「祝/言」
・シンポジウム“震災以後と震災前”
説明 3.11演劇人を初めとする表現者たちは心の潰れる音を聞いた
それは今まで持っていた「言葉」が瓦解していく音でもあった
多くの被災者の心情を察するには、今も、大きな困難を伴う
しかし日々は続く
精神的な痛みは大きくなりこそすれ、小さくなり消えることはないだろう
「誰かが隣にいて、あなたを承認している」というプリミティブだがシンプルで強いメッセージを東北の演劇人たちは有している
その東北の演劇人と、隣国である中国・韓国の演劇人
さらには伝統芸能継承者とともに、現在を語り合い、その未来を作品制作という現場から探る
何故なら、芸術こそ未来を語るにふさわしい人間の領分だからである

 長谷川孝治(青森県立美術館舞台芸術総監督)※チラシより
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/02/15 16:09 by たまき@仙台

[最終更新] 2013/02/15 16:22 by たまき@仙台

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

たまき@仙台

たまき@仙台(79)

 仙台でのプレイベントの、  チラシを配布しています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大