オペラ

[新制作 /創作委嘱作品・世界初演]

夜叉ヶ池

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2013/06/25 (火) ~ 2013/06/30 (日) 公演終了

休演日:6/27

上演時間:

新国立劇場は邦人作曲家によるオペラ作品の上演を劇場の重要な使命の一つとして考えています。尾高芸術監督第1シーズンでは、日本オペラ史上最高傑作といわれる團伊玖磨の『夕鶴』、2年目では遠藤周作の不朽の名作をもとに、台本・作曲の松村禎三が13年という歳月をかけて完成させた珠玉のオペラ『沈黙』を選びま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/06/25 (火) ~ 2013/06/30 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 岡崎他加子、幸田浩子、望月哲也、腰越満美、砂川涼子、西村悟、ほか
作曲 香月修
演出 岩田達宗
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 15,750円
【発売日】2013/02/17
S:15,750 円・A:12,600 円・B:8,400 円・C:6,300 円・D:3,150 円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/20000615_opera.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013 年 6月25日(火)6:30
26日(水)6:30
28日(金)2:00
29日(土)2:00
30日(日)2:00
説明 新国立劇場は邦人作曲家によるオペラ作品の上演を劇場の重要な使命の一つとして考えています。尾高芸術監督第1シーズンでは、日本オペラ史上最高傑作といわれる團伊玖磨の『夕鶴』、2年目では遠藤周作の不朽の名作をもとに、台本・作曲の松村禎三が13年という歳月をかけて完成させた珠玉のオペラ『沈黙』を選びました。
第3シーズンは、2010年『鹿鳴館』に続く待望の創作委嘱作品の登場です。作曲は、日本の美しい旋律を書くことができる作曲家として尾高芸術監督が全面的な信頼を置く、香月修に委嘱しました。歌曲を中心に完成度の高い美しい作品を数多く作曲してきた実績とその手腕に定評があり、大いに期待されます。また、演出に臨むのは、岩田達宗です。作曲家と共に原作となった泉鏡花による戯曲からオペラの上演台本を書き上げました。彼は東京文化会館50周年記念フェスティバル記念オペラ『古事記』演出でも大成功を収めています。新国立劇場では、2000年小劇場オペラの第1回『オルフェオとエウリディーチェ』公演を演出。現在では人気演出家として全国各地のオペラ公演を成功に導いています。この公演にいらしたお客様が、聴いたばかりのメロディーを口ずさめるような音楽で、新国立劇場から日本各地へ、そして海外に向けて発信できるような作品となることを目指しています。新国立劇場6作目となる新制作/創作委嘱作品・世界初演の『夜叉ヶ池』にどうぞご期待ください。
その他注意事項
スタッフ 【指揮】十束尚宏
【演出】岩田達宗
【美術】二村周作
【衣裳】半田悦子
【照明】沢田祐二

[情報提供] 2013/01/04 16:47 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/14 21:12 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大