オペラ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2013/05/19 (日) ~ 2013/06/04 (火) 公演終了

上演時間:

いよいよ、その全貌が明らかに!
鬼才ヴィックによる世界でたったひとつの「ナブッコ」
世界的な演出家ヴィックが「オペラにおける芸術形態の可能性を信じています。」と明言!「ナブッコ」の真髄に極限まで迫った、世界でたったひとつの「ナブッコ」が新国立劇場で誕生。この作品が持つ本質に刺激的な演出解釈...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/05/19 (日) ~ 2013/06/04 (火)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 ルチオ・ガッロ、マリアンネ・コルネッティ、コンスタンティン・ゴルニー、樋口達哉、谷口睦美、安藤赴美子、内山信吾、妻屋秀和、ほか
作曲 ジュゼッペ・ヴェルディ
演出 グラハム・ヴィック
料金(1枚あたり) 5,250円 ~ 26,250円
【発売日】2013/01/19
S:26,250 円・A:21,000 円・B:14,700 円・C:8,400 円・D:5,250 円
サイト

http://www.atre.jp/13nabucco/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013 年 5月19日(日)2:00
22日(水)6:30
25日(土)2:00
29日(水)2:00
6月1日(土)2:00
4日(火)6:30
説明 いよいよ、その全貌が明らかに!
鬼才ヴィックによる世界でたったひとつの「ナブッコ」
世界的な演出家ヴィックが「オペラにおける芸術形態の可能性を信じています。」と明言!「ナブッコ」の真髄に極限まで迫った、世界でたったひとつの「ナブッコ」が新国立劇場で誕生。この作品が持つ本質に刺激的な演出解釈で迫ります。
旧約聖書の「バビロン捕囚」を題材にとった本作品は、当時オーストリアの圧政下にあったイタリア人に熱烈に支持され、ヘブライ人が望郷の思いを歌う感動的な合唱曲「ゆけ、わが思いよ、黄金の翼にのって」は、イタリア第二の国歌ともいわれ親しまれています。世界からも注目される公演に、ぜひお立会いください。

世界的なヴェルディ歌手、ガッロ、コルネッティらが集結!
タクトを握るのはイタリアの名匠カリニャーニ。満を持しての新国立劇場初登場となります。タイトルロールは、09年「オテロ」イアーゴ、11年「椿姫」ジェルモンなどで絶賛を博し、今、脂の乗り切ったガッロが初役で挑戦。アビガイッレ役は、ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場などで活躍するコルネッティが3月「アイーダ」アムネリスに続き出演、ザッカーリア役はウィーン国立歌劇場でも同役を歌ったロシア人バス、ゴルニーです。今や日本を代表するテノールのひとり樋口達哉がイズマエーレ役を歌うのも注目です。
その他注意事項
スタッフ 【指揮】パオロ・カリニャーニ
【演出】グラハム・ヴィック
【美術・衣裳】ポール・ブラウン
【照明】ヴォルフガング・ゲッペル

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

[情報提供] 2013/01/03 23:11 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/06/02 16:54 by 土反

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大