舞踊・バレエ

2007/2008 シーズン バレエ

牧 阿佐美の椿姫

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2007/11/04 (日) ~ 2007/11/11 (日) 公演終了

休演日:11/5、8、9

上演時間:

——あなたしか要らない。あなたのために死ねる。
開場10周年シーズンを飾る劇場完全オリジナルバレエ

1997年の新国立劇場開場と同時に誕生した新国立劇場バレエ団が10年間の集大成として制作する『椿姫』。1840年代パリを舞台にした有名な悲恋物語がバレエ化されます。
ヴェルディのオペラ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/11/04 (日) ~ 2007/11/11 (日)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演
演出 牧阿佐美
振付 牧阿佐美
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 12,600円
【発売日】
S席12,600円 A席10,500円 B席7,350円 C席4,200円 D席3,150円 Z席1,500円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000017.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ——あなたしか要らない。あなたのために死ねる。
開場10周年シーズンを飾る劇場完全オリジナルバレエ

1997年の新国立劇場開場と同時に誕生した新国立劇場バレエ団が10年間の集大成として制作する『椿姫』。1840年代パリを舞台にした有名な悲恋物語がバレエ化されます。
ヴェルディのオペラで知られる『椿姫』ですが、この度はデュマの原作に立ち返り、オペラの音楽をまったく使わず、デュマと同時代のパリを生きた作曲家ベルリオーズで全曲構成されます。『ラ・バヤデール』『ライモンダ』における男女の恋愛模様を女性ならではの繊細な感性で演出してきた牧阿佐美が、文字通り壮絶な愛と死の物語をどう描き出すのか、興味は尽きません。
『ライモンダ』で華麗な世界を繰り広げたスピナテッリによる美しい装置・衣裳、『マノン』新国立劇場上演時にマクミラン夫人を唸らせた照明の大ベテラン沢田祐二、そして新国立劇場でも度々タクトを執り芸術性あふれる音楽を紡ぎ出しているフローリオが編曲も担当、と牧が厚い信頼を寄せるスタッフが結集します。そして、ここ数年、牧のミューズとして情感豊かで質の高い舞台を見せているザハロワをはじめ豪華キャストが出演。2007年秋、世界に誇るオペラパレス・新国立劇場でしか見られない哀しくも美しい舞台がその姿を現します。
その他注意事項
スタッフ 【演出・振付】牧 阿佐美
【音楽】エクトール・ベルリオーズ
【編曲・指揮】エルマノ・フローリオ
【舞台装置・衣裳】ルイザ・スピナテッリ
【照明】沢田 祐二
【舞台監督】森岡 肇
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

【シリーズ協賛】花王株式会社
【主催】文化庁芸術祭執行委員会/新国立劇場

[情報提供] 2007/08/23 15:32 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/11/08 10:51 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大