ちょうどいいサイズ

0 お気に入りチラシにする

劇団HallBrothers

あじびホール(福岡県)

2012/12/21 (金) ~ 2012/12/23 (日) 公演終了

上演時間:

器の大きな男になりたいと思っていました。
小さなことにこだわらず、何事も、
あるがまま鷹揚に受け止めることのできる男。

器の大きな男になるため、精進しました。
むかついても、我慢。
きつくても、我慢。
もれそうでも、我慢。

結果、器の大きな男になれたかというとそんなことは...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/12/21 (金) ~ 2012/12/23 (日)
劇場 あじびホール
出演 峰尾かおり(フリー)、萩原あや、宮坂幸子、坂井操、永倉亜沙美、高柳一輝、山下大貴、川原麻実、幸田真洋
脚本 幸田真洋
演出 幸田真洋
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 2,000円
【発売日】2012/11/09
前売1800円、当日2000円
サイト

http://www.h-bros.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月21日(金)19:30
12月22日(土)14:30/19:00
12月23日(日)13:00/17:00
説明 器の大きな男になりたいと思っていました。
小さなことにこだわらず、何事も、
あるがまま鷹揚に受け止めることのできる男。

器の大きな男になるため、精進しました。
むかついても、我慢。
きつくても、我慢。
もれそうでも、我慢。

結果、器の大きな男になれたかというとそんなことはありません。
ちょうど、コップに水を注ぎ続けたらあふれ出すように、
ドロドロした感情が自分でも気づかないうちに溢れだしていたのです。

「ああ、自分の器はこの程度だったのか。」
と、そこで初めて気づいたわけですが、流れ出したドロドロした思いで、知らず知らずのうちに他人も自分も傷つけていたのでした。
器大きいどころか、超小っちゃいヤツです。

というわけで、今回の話。
器をめぐる話です。
と書くと某鑑定番組かって感じですが、そんなことはありません。
まあ、自分はこのくらいの値打ちがあると思っていたら、
こんなもんだった!
なんてところは、ちょっとだけ似ているかもしれませんけど・・・

-------------

今回のHallBrothersは器をめぐる話。
自分の「サイズ」をめぐって、右往左往する人々の話です。
コミカルに、シニカルに、人間の「サイズ」について描きます。
その他注意事項
スタッフ 【舞台美術】坂井操
【大道具】劇団HallBrothers
【小道具】永倉亜沙美
【衣装】劇団HallBrothers
【照明】荒巻久登
【音響】中茂久也
【宣伝美術】大塚健三
【制作】萩原あや・城戸一郎

[情報提供] 2012/11/07 00:10 by 劇団HallBrothers

[最終更新] 2013/06/14 23:41 by 劇団HallBrothers

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

DJ Pole

DJ Pole(68)

宣伝美術担当です。

劇団HallBrothers

劇団HallBrothers(0)

今回のHallBrothersは器をめぐる話。 自分...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大