演劇

ホリプロ若手舞台シリーズVol.3

少しはみ出て殴られた

ホリプロ

DDD AOYAMA CROSS THEATER(東京都)

2012/11/30 (金) ~ 2012/12/09 (日) 公演終了

上演時間:

俺たちずっと仲良くやってきた

ある日突然ひかれた国境線

線からこっちは来ないでくれる?

 
マナヒラ と ヒガシマナヒラ の国境線の上に建つ 「マナヒラ第四五更正施設」。
収容されているのは、窃盗や無銭飲食、万引きといった軽犯罪の常習犯たち。

生意気な新人サダヌキ(...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/30 (金) ~ 2012/12/09 (日)
劇場 DDD AOYAMA CROSS THEATER
出演 須賀健太、竹内寿、柳原聖(カルマライン)、前田公輝、八戸亮、石垣佑磨、内田朝陽、松永博史
脚本 土田英生
演出 松本祐子
料金(1枚あたり) 4,800円 ~ 4,800円
【発売日】2012/09/22
全席指定 4,800円(税込)
 ※未就学児童の入場不可。
サイト

http://www.gingeki.jp/special/haminagu/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 俺たちずっと仲良くやってきた

ある日突然ひかれた国境線

線からこっちは来ないでくれる?

 
マナヒラ と ヒガシマナヒラ の国境線の上に建つ 「マナヒラ第四五更正施設」。
収容されているのは、窃盗や無銭飲食、万引きといった軽犯罪の常習犯たち。

生意気な新人サダヌキ(須賀健太)、器用で心優しいタヌキ(竹内寿)、ケンカ早く筋肉バカのケンザブロー(前田公輝)、
物言いが少し独特なミタムラ(八戸亮)、微妙に鬱陶しいところがあるナカゲガミ(内田朝陽)、少し適当なヨコヤマ(松永博史)。
彼らを監視するのは、すぐ居眠りをしてしまうアケビ(石垣佑磨)とその部下マタギ(柳原聖)の看守たち。
出身地も性格も違う男たちが、のんびり、和気あいあい楽しく過ごす毎日を送っていた。

が、ある日、何気なく一本の線が引かれる。
国境線に沿って引かれたこの線が、国を2つに分け、いつしか彼らの心も2つに分けた。
戯れを繰り返していた彼らの関係は一転して・・・


刑務所に入れられた男たちが繰り広げる、笑いあり、涙ありの物語!

仲間とは何なのか、彼らが行きつく先には何があるのか…
その他注意事項
スタッフ 作:土田英生
演出:松本祐子

主催:ホリプロ
制作協力:MAパブリッシング/銀河劇場
協力:NOTTV/フラックス・パブリッシング

[情報提供] 2012/10/29 14:30 by Chris

[最終更新] 2013/01/22 20:08 by Chris

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大