その他

ターザンボーイ プロデュース

 ( Jean-Paul Sartre 『 Huis clos 』 より )

 『 出口なし  』 J・P サルトル

デザイン:はるやみ

0 お気に入りチラシにする

その他

ターザンボーイ プロデュース

 『 出口なし  』 J・P サルトル

 ( Jean-Paul Sartre 『 Huis clos 』 より )

劇団PingPongDASH

自由表現空間 シアターカフェNyan(大阪府)

2012/11/24 (土) ~ 2012/11/25 (日) 公演終了

上演時間:

★★★ あらすじ ★★★

男一人と女二人が、とある部屋に連れてこられる。


  そこは窓も姿鏡も無い部屋。


  なぜ、この三人が同じ部屋に押し込められたのか
  この先、どうなってしまうのか

  三人は自分達が置かれた状況を徐々に理解していく

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/24 (土) ~ 2012/11/25 (日)
劇場 自由表現空間 シアターカフェNyan
出演 外園小梅、ANNE、ミコト、矢野LEACH
脚本 Jean-PaulSartre
演出 矢野LE→CH
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,500円
【発売日】2011/10/26
前売り・当日共に1500円になります。
高校生以下は1000円にて観劇出来ます。(要証明)
サイト

http://www.ponpin.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月24日(土) 19時00分~
11月25日(日) 13時00分~  /  16時00分~
     
      受付、開場は開演の30分前からです。
説明 ★★★ あらすじ ★★★

男一人と女二人が、とある部屋に連れてこられる。


  そこは窓も姿鏡も無い部屋。


  なぜ、この三人が同じ部屋に押し込められたのか
  この先、どうなってしまうのか

  三人は自分達が置かれた状況を徐々に理解していく

  その先に答えはあるのか
  望みはあるのか
  そして出口はあるのか・・・。



★★★ 解説 ★★★

J・Pサルトルの出口なしは1940年台の作品です。
当時のフランスや西洋の思考、慣習、価値観など
日本人に取って理解する事の難しい表現が多い。
また、日本語に翻訳された出版物も違訳ではないか?
と思われる部分もある。
その部分が単純に違訳なのか、そうではなく当時はそれが普遍的であったのか等の
検証作業も必須なこの作品です。

その世界観を極力、崩さず表現しつつも何処まで観劇くださる方々を
劇中に引き込めるかが鍵になると思います。

                       演出 矢野LE→CH


その他注意事項 座席は自由席になります。
満席の場合、立ち見もしくはご入場を制限させて頂く場合が御座いますので、何卒ご了承の程をヨロシクお願い致します。
問い合わせ先 劇団ピンポンダッシュ=info@ponpin.net
         ターザンボーイ=tarzan_boy_tv@yahoo.co.jp
スタッフ 音効/ギター演奏 ・ 新涼平 
照明  ・ ナチブラックグロNo.1
演出  ・ 矢野 LE→CH
演出補  ・ 高村省吾
プロデューサー  ・ 川口隆司

[情報提供] 2012/10/26 23:20 by LEACH

[最終更新] 2012/10/27 09:44 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大