演劇

宮城野区文化センター開館記念事業

「3.11 仙台⇔東京 被災地へ、被災地から」 Whiteプロジェクト×ING進行形

演劇

宮城野区文化センター開館記念事業

ロング・アゴー(仙台版)

「3.11 仙台⇔東京 被災地へ、被災地から」 Whiteプロジェクト×ING進行形

劇団ING進行形

仙台市宮城野区文化センター・パトナシアター(宮城県)

2012/11/22 (木) ~ 2012/11/23 (金) 公演終了

上演時間:

4月に上演した演目を仙台で発表することになりました。Pの意向で、科白を大幅削減し、身体動作に重きを置いた作品に再構築することに。出演者も変わり、より深い作品に生まれ変わります。

■メッセージ from 東京 ~劇団ING進行形~
語るべきこと。語るべきでないこと。時期や立場など
色々...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/22 (木) ~ 2012/11/23 (金)
劇場 仙台市宮城野区文化センター・パトナシアター
出演 伊藤全記、吉田朋玄、新田正樹、山口真由、年代果林、山幸加奈、芝崎知花子、森川春奈、土佐まりな、中野雄斗
脚本 ラディー
演出 ラディー
料金(1枚あたり)
【発売日】2012/10/26
一般:前売1500円、当日1800円
学生:前売1000円、当日1300円
サイト

http://ing.nobody.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 4月に上演した演目を仙台で発表することになりました。Pの意向で、科白を大幅削減し、身体動作に重きを置いた作品に再構築することに。出演者も変わり、より深い作品に生まれ変わります。

■メッセージ from 東京 ~劇団ING進行形~
語るべきこと。語るべきでないこと。時期や立場など
色々な理由や考え方があるけれど、この国に生まれた
表現者だからこそ、やるべきことがあるように思える

当事者にしか語れない。それはそうだ。そのとおりだ
だが当事者でないからこそ語らねばならぬこともある

人間というのは都合の良い生き物で、忘れるべきこと
でなくても忘れてしまう。時が経つほどそれは顕著だ
ある意味、それこそが生き抜くすべなのかもしれない

震災以降、いまだ僕らを混乱に落とし込んでいる問題
だって、なくなりはしなくても、やがて薄れるだろう

歴史は繰り返す。そのようなことがしばしば言われる
それを引き起こす理由に、忘れるという生き抜くすべ
が関係している、としたらなんて皮肉なことだろうか

僕はよく考える。神話や民話というものは、それに抗
うために生まれてきたのではないだろうか。ある出来
事を誇張・ときに捻じ曲げ、語り継ぐべき物語とした
そして、忘却に打ち勝ったものだけが今に残っている

だとすれば、今を生きる東京の演劇人として、やれる
ことがあるのではないか。そう信じて足掻いています

古典は歴史のアーカイブ。いにしえから今、今から遠
い未来へ、僕ら一人一人が、何か伝えねばなりません
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/10/26 00:49 by ジョーカー

[最終更新] 2012/10/26 01:53 by ジョーカー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー3

真由

真由(0)

今ここに在ることの重みと、覚悟と、誠意を もう一度か...

全記

全記(0)

何ができて。何ができないのか。 しっかり考えて、臨みます。

ジョーカー

ジョーカー(0)

まさかの仙台招聘公演。ましてや出来たばかりの素晴らしい...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大