夢十夜 公演情報 夢十夜」の観たい!クチコミ一覧

期待度の平均 4.2
1-14件 / 14件中
  • 期待度♪♪♪♪

    贅沢な空間
    この出演者で朗読だけだとしたらかなり贅沢な空間になりそう。

  • 期待度♪♪♪

    どんな演出で魅せてくれるか
     去年の最終観劇は、「第三世代」で、これは、素晴らしいリーディングであった。リーディンが基本形ならば、ダンスなどのパフォーマンスは、却って邪魔だという気がするが、異化効果を狙うということだろうか? だとすると、現在日本で評価の高いスタニフスラスキー的同化とは反対のコンセプトだが、謳い文句通りの実力があるかどうか確かめたい。

  • 期待度♪♪♪♪

    こんなゆめを見た。
    漱石には珍しいとされている幻想文学「夢十夜」。語りと舞いを立体的に表現というコンセプトに大変興味を感じています。

  • 期待度♪♪♪♪

    漱石作品の朗読劇、とっても気になります
    朗読劇をどのように演出するのか、とっても興味があります。
    『極上文学』この響きだけで、期待が倍増するのは私だけではないのでは?!
    想像つかない舞台でとても興味があり、観て見たいです!聴きたいです!

  • 期待度♪♪♪♪

    かわった朗読劇のようですねー
    視聴覚に響く舞台であることを期待いたします(^^)

  • 期待度♪♪♪♪

    美しすぎる・・・
    朗読劇というのをよく見かけますが、この作品がどんな感じの朗読劇をするのか気になります。
    そして、チラシなのか?イメージ画像が美しすぎる・・・

  • 期待度♪♪♪♪

    朗読劇は
    驚くほどさまざまなスタイルがあるので、いつもびっくりしています。文学作品をどう作り上げていくのかな?

  • 期待度♪♪♪♪♪

    極上文學は初めてになります
    極上文學は、これまで拝見したことがないのだが、今回は漱石作品の朗読劇、ということなのでとても楽しみにしています。

    どんな世界を醸し出してくれるのか。

    これは観なくちゃ、でしょ♫♬

  • 期待度♪♪♪♪♪

    楽しみで仕方ありません
    夏目漱石だいすきなので、朗読劇、そして極上文學ヴァージョンということで
    とっても楽しみにしています。

    今回マルチキャスティングということで
    全部の組み合わせが気になる今日この頃です笑

  • 朗読に力を。


    これは、朗読と演劇の垣根を越えた、パフォーマンスである。

    怒涛のゴングが、今、鳴り響く!

  • 期待度♪♪♪♪♪

    期待しています
    夏目漱石の名作がどう演じられるのか楽しみです。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    朗読劇
    イメージ的に退屈感があったそのジャンル、最近はかなりドラマチックなものが増えてきて、私の中でも舞台のひとつとして、しっかり入り込んできた感があります。今回は若手でも実力派が揃ってますし!!期待してます!!

  • 期待度♪♪♪

    夏目漱石を立体的に朗読
    う~ん、ちょっと想像つかない。

  • 期待度♪♪♪♪

    記念すべき
    私にとって初の朗読劇になりますが、どんな世界にいざなってくれるのか非常に楽しみです。読み師も魅力的な方々なので期待しています!

このページのQRコードです。

拡大