かわせみ座

座・高円寺2(東京都)

2012/11/02 (金) ~ 2012/11/03 (土) 公演終了

上演時間:

「まぬけなリュウの話」

昔々。山また山の、その奥の村に気の良いリュウが棲んでいました。村人達はそんなリュウを見て役にも立たない「まぬけなリュウ」だというのでした……。
切ないまでにやさしいリュウの村人に寄せる無償の愛。ロバの音楽座が奏でる古楽演奏のピュアで包容力のある音楽。語りべと人形...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/02 (金) ~ 2012/11/03 (土)
劇場 座・高円寺2
出演 山本由也、益村泉、充湖すすき
脚本 吉永淳一(まぬけなリュウの話)、冬木(竜になった子ねずみの話)
演出 山本由也
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 5,000円
【発売日】
「前売り」:大人3000円・子供2000円(15歳まで)
※当日+500円
「2作品通し券」:大人5000円・子供3000円

サイト

http://www.kawasemiza.com/20120821.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月2日(金)19:00〜「まぬけなリュウの話」
11月3日(土)15:00〜「竜になった子ねずみの話」
説明 「まぬけなリュウの話」

昔々。山また山の、その奥の村に気の良いリュウが棲んでいました。村人達はそんなリュウを見て役にも立たない「まぬけなリュウ」だというのでした……。
切ないまでにやさしいリュウの村人に寄せる無償の愛。ロバの音楽座が奏でる古楽演奏のピュアで包容力のある音楽。語りべと人形遣い。そして表情豊かな糸あやつりのリュウが織りなすユニークな舞台です。
「まぬけなリュウの話」は1976年にポプラ社で刊行され、全国推薦図書にもなった創作童話です。けなげで純真無垢なリュウのキャラクターを通して、人間のエゴ、自然軽視に対して警鐘を鳴らし、自然や生命を畏れ、慈しみ、尊ぶことを感じさせるナチュラルな作品です。

「竜になった子ねずみの話」

古楽器のかなでる優しい調べの中、ひとり語りとマリオネットタイプのユニークな人形達による、小さな生き物の勇気と成長を描いた物語。仲間を思うひたむきな気持ちと、前向きに努力する小さな子ねずみの姿は、観客に夢や希望、生きる勇気を届けます。
子ねずみはそっと願っていました。「強くてやさしい竜になりたい・・・・。」
大なまずと狐の王は言いました。「強くて大きい竜になってやる!!」
はたして子ねずみは、そして大なまずや狐の王は竜になれるのでしょうか……。
小さな子どもから大人まですべての人に贈る、愛とやさしさにあふれた舞台です。
その他注意事項 「まぬけなリュウの話」4歳未満のお子さまの入場をご遠慮下さい
「竜になった子ねずみの話」※3歳未満のお子さまの入場はご遠慮下さい
スタッフ 音楽/松本雅隆(ロバの音楽座)

[情報提供] 2012/09/24 12:30 by ゆかこ

[最終更新] 2012/10/28 09:46 by ゆかこ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大