演劇

第14回公演

静かなる傾斜

0 お気に入りチラシにする

演劇

第14回公演

静かなる傾斜

劇団阿彌 GEKIDAN AMI

シアターバビロンの流れのほとりにて(東京都)

2012/11/09 (金) ~ 2012/11/10 (土) 公演終了

上演時間:

霧の立ち込める山深く、浮遊している存在たち。

生前の「カルマ」によってそこに留まり続け、

終わりのない異次元の時間の中での
果てしない
モノローグから、
静かな狂気が滲み出す。

世界から孤立し、
降り積もる時間の狭間を彷徨う人々が、

行き着く先とは…


...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/09 (金) ~ 2012/11/10 (土)
劇場 シアターバビロンの流れのほとりにて
出演 嶋津和子、中島理乃、坂入友里香、福井陽介、小島一洋、石黒繭子、佐藤ペチカ、岡佐和香
脚本 岡村洋次郎
演出 岡村洋次郎
料金(1枚あたり)
【発売日】
前売 2500円
当日 3000円
ペア 4000円(予約のみ)
サイト

http://www.h7.dion.ne.jp/~babylon/ami_8archives16.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月9日(金)19:30
11月10日(土)14:00/19:30
説明 霧の立ち込める山深く、浮遊している存在たち。

生前の「カルマ」によってそこに留まり続け、

終わりのない異次元の時間の中での
果てしない
モノローグから、
静かな狂気が滲み出す。

世界から孤立し、
降り積もる時間の狭間を彷徨う人々が、

行き着く先とは…


20世紀末以来、かつてない<少年犯罪>の時代を私達は経験しています。その少年達は、私達と地続きの、時代の最も純粋な当事者なのです。人間が根底から破壊されていくような、この時代の空気の狂気じみた閉塞感を、どう解消していったら良いのか、私たちは指し示す方向さえ掴めていません。自分の外の世界を恐れ、誰も信じられない触れ合えない圧倒的な孤独。目を閉じると、自分が宙に浮かんでいる様な、存在の不安。その不安ゆえに、時代を象徴する犯罪を辿る舞台を創造することは、私たち自身への切実な問いかけであり、また使命であり責務であると感じています。

阿彌一同

<岡村洋次郎プロフィール>


阿彌,主宰、東京バビロン,企画プロデューサー。1948年生。
竹内演劇研究所(故・竹内敏晴,主宰)において、「生命のレッスン」を通して、舞台創造の根源に触れる。その後、故・観世栄夫(観世流能楽師)に師事。日本の演劇史の流れの中に居ない希有な存在である。また、前衛的拠点劇場「東京バビロン」(pit 北/区域、シアター・バビロンの流れのほとりにて)のオーナーであり、演劇・舞踊等の企画プロデューサーとしても活動中。
http://www.h7.dion.ne.jp/~babylon/

<阿彌(AMI・劇団)>
1994年結成。役者や演出家の「自己表現の場」でなく、言葉を越えた「交流の場」を舞台上で実現している。その生の交流から、観客の無意識層に揺らぎを与え、そこから立ち上がる想像力において現れる、意識を超えたダイナミックな舞台を目指している。
日本古来の表現技術「観世流能楽」の身体性と同時にその厳しい即興性をも取り入れた、前衛と伝統のせめぎ合いの舞台。

<阿彌の舞台>
阿彌の舞台は、
日常のテンポから切り離された、静かで澄んだ空間…
そこで初めて見えてくる人と人、
人間と空間の生きた交流、
静寂の舞台ゆえに、
観客の無意識層まで浸透してゆきます。
「 怖しくも美しい舞台 」として、
静かなしかし圧倒的な支持を得ています。
観るだけではない、体験していく舞台を 心ゆくまでお楽しみ下さい。
その他注意事項
スタッフ [音楽・音響] 落合敏行 [照明] 三浦あさ子
[衣裳] 櫻井基順(MEME) [舞台監督] 佐藤一茂
[宣伝美術] 丘 美恵太 オブジェ作品(写真) 丸野由希子
[写真撮影] 阿波根 治(スタッフ・テス)
[記録映像] たきしまひろよし(PLASTIC RAINS) [制作] 坂本康郎

[情報提供] 2012/09/02 14:30 by 東京バビロン

[最終更新] 2012/10/13 20:20 by 東京バビロン

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大