とぅるう らぶ - 心中天網島 -

0 お気に入りチラシにする

TEAM岡田

TACCS1179(俳協ホール)(東京都)

2012/10/05 (金) ~ 2012/10/06 (土) 公演終了

上演時間:


およそ300年前の日本で心中を流行らせた近松の浄瑠璃の中でも、男の一分、女の一分、義理と人情が織り成す傑作となっているのが「心中天網島」です。
近松は人々を惹きつける物語を描きながらも、顛末となる心中場面をその現場に忠実に凄惨に描きました。
どんなに美しい恋物語も心中をするという選択...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/05 (金) ~ 2012/10/06 (土)
劇場 TACCS1179(俳協ホール)
出演 斉藤和彦、新明茉璃、中條志保、わだめいこ、小田愛美、加藤剛士、図師晃佑、本田真紀、持丸愛、笈川勉(客演)、松井一憲(客演)
脚本 詞音
演出 岡田和子
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,500円
【発売日】2012/08/30
前売り・当日共 2,500円
サイト

http://kurepasu.ehoh.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月5日(金)19:30
10月6日(土)15:00/19:00

説明
およそ300年前の日本で心中を流行らせた近松の浄瑠璃の中でも、男の一分、女の一分、義理と人情が織り成す傑作となっているのが「心中天網島」です。
近松は人々を惹きつける物語を描きながらも、顛末となる心中場面をその現場に忠実に凄惨に描きました。
どんなに美しい恋物語も心中をするという選択をしたら、こんなに惨い死に様をさらすことになるんだと著しているのです。 これが近松のリアリズム。
それでも、ご法度まで出るくらいに心中が流行ったというのですから、当時の人々に近松の浄瑠璃がどれほどの響きで聞こえたのでしょう。

今公演では現代語文に原文、笛に三味線の音も織り交ぜて近松の描く世界を再現しています。
その他注意事項
スタッフ 原作 : 近松門左衛門

照明 : 佐久間秋一
舞監 : 和隈

笛 : 紫竹芳之
三味線 : 五十川真子

宣伝美術 : 泉

[情報提供] 2012/08/29 15:58 by asarin

[最終更新] 2019/03/26 13:49 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大