演劇

世田谷パブリックシアター

シアタートラム(東京都)

2012/11/05 (月) ~ 2012/11/25 (日) 公演終了

上演時間:

 世田谷パブリックシアターでは、昨年〝劇作家が自由な発想を自在に試す場〟として「劇作家の作業場」という劇作ワークショップを始めました。その「劇作家の作業場」から舞台作品を立ち上げる第一弾となるのが本作です。
 脚本を手掛けるのは川村毅。〝モノローグの可能性を探る〟というテーマのもとで執筆を開...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/05 (月) ~ 2012/11/25 (日)
劇場 シアタートラム
出演 高橋一生、田山涼成、須賀貴匡、野間口徹、池田鉄洋
脚本 川村毅
演出 白井晃
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 5,700円
【発売日】2012/09/09
通し番号付入場引換券
一般 5,700円

高校生以下 2,850円(世田谷パブリックシアターチケットセンター店頭&電話予約のみ取扱い、年齢確認できるものを要提示)

U24 2,850円(世田谷パブリックシアターチケットセンターにて要事前登録、登録時年齢確認できるもの要提示、オンラインのみ取扱い、枚数限定)

※観劇場所は当日ご確認いただきます。

友の会会員割引 5,200円

せたがやアーツカード会員割引 5,400円
サイト

http://setagaya-pt.jp/theater_info/2012/11/4_four_1.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  世田谷パブリックシアターでは、昨年〝劇作家が自由な発想を自在に試す場〟として「劇作家の作業場」という劇作ワークショップを始めました。その「劇作家の作業場」から舞台作品を立ち上げる第一弾となるのが本作です。
 脚本を手掛けるのは川村毅。〝モノローグの可能性を探る〟というテーマのもとで執筆を開始し、昨年11月にはシアタートラムでリーディング公演として上演。俳優の発語、観客の反応から川村は物語をふくらまし、それを踏まえてさらにブラッシュアップし、今回の公演へ至るという、劇作家にとって非常に豊かな創作作業を経て生まれた戯曲です。
 演出は川村と初タッグとなる白井晃。川村は第三エロチカ、白井は遊◉機械/全自動シアターと、80年から90年代にかけて駆け抜けた劇団を主宰していた同世代の二人が、どのように作品を通して融合するのか、楽しみです。
いつものシアタートラムとは異なる空間構成の中で、お芝居と観客が一体となる作品です。
この秋の話題作を、どうぞお見逃しのないように!
その他注意事項
スタッフ [美術] 松井るみ

[情報提供] 2012/08/29 11:21 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/10 11:01 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大