舞踊・バレエ

ZOU-NO-HANA-TERRACE DANCE NIGHT VOL.5

bow-wow

GRINDER-MAN

象の鼻テラス(神奈川県)

2012/09/20 (木) ~ 2012/09/23 (日) 公演終了

上演時間:

GRINDER-MANは、演者と観客が同じ場所、同じ時間にいるからこそ生まれる「皮膚感覚への働きかけ」を深化さ せています。近年発表している作品に一貫してあるのは、核である身体表現にくわえて、独創的な空間構成と表現 の現代性への執着です。わたしたちの日常は、さまざまな感情表現にとり囲まれていま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/20 (木) ~ 2012/09/23 (日)
劇場 象の鼻テラス
出演 伊豆牧子、三橋俊平、東山佳永、梨本威温、エノモトユキ、伊東歌織、大園康司、keke
演出 タグチヒトシ
振付 伊豆牧子
料金(1枚あたり) 2,700円 ~ 3,500円
【発売日】2012/08/10
前売=3200円 当日=3500円
※日時指定/全席自由
※学生料金=前売、当日とも500円引き(当日受付にて学生証提示)
サイト

http://www.zounohana.com/schedule/detail.php?article_id=114

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月20日(木)19:30~ 
9月21日(金)19:30~ 
9月22日(土)19:30~ 
9月23日(日)19:00~ 
説明 GRINDER-MANは、演者と観客が同じ場所、同じ時間にいるからこそ生まれる「皮膚感覚への働きかけ」を深化さ せています。近年発表している作品に一貫してあるのは、核である身体表現にくわえて、独創的な空間構成と表現 の現代性への執着です。わたしたちの日常は、さまざまな感情表現にとり囲まれています。 ただ、それらをそのまま感受することはありません。わきおこる感情を棚上げして、まずは理性でうけとめる。 時には、われ知らず相手の思惑を深読みし、一方的に身構えてしまっているのではないでしょうか。

嬉しいから吠えるのではない、吠えるから嬉しいのだ

本作「bow-wow」では、象の鼻テラスとその周辺空間を広く使用します。縦横に展開する演者、観客との遠近に かけあわせられる感情表現。顔の筋肉によってつくられる表情は、理性のかんぬきをはずすことができるのか。 感情の容れ物としての身体という、新たな視座に焦点をあわせるGRINDER-MANの新作にどうぞご期待ください。
その他注意事項 ポストパフォーマンストーク
9月20日(木):藤井直敬(理化学研究所 脳科学総合研究センター )
9月21日(金):小泉雅生(設計事務所・小泉アトリエ 主宰)
9月22日(土):天野太郎(横浜美術館主席学芸員)
スタッフ 作・構成・演出: タグチヒトシ
演出・振付・出演: 伊豆牧子
音楽: 今井悠

企画・制作:スパイラル、株式会社イッカク
後援:横浜アーツフェスティバル実行委員会
照明:田代弘明(DOTWORKS)
音響:加藤久直
舞台監督:河内崇(LUFTZUG)
技術監督:遠藤豊(LUFTZUG)
撮影:Naruo Kanemoto(Space Shift inc.)
デザイン:三木俊一(文京図案室)

[情報提供] 2012/08/26 23:25 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/01/03 14:54 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大