演劇

さいたまゴールド・シアター ザ・ファクトリー1

『白鳥の歌』『楽屋』

さいたまゴールド・シアター

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール(埼玉県)

2012/10/16 (火) ~ 2012/10/26 (金) 公演終了

休演日:10/20-22

上演時間:

◆『白鳥の歌』
中どころの田舎の劇場。夜更け。老齢の喜劇役者ワシーリー・ワシーリイチ・スヴェトロヴィードフは、芝居の後、楽屋で酔いつぶれて眠り込んでいた。誰もいない劇場で自分の失態に気づいた老優は、そこで彼のプロンプターを務めるニキータ・イワーヌイチと出合う。落ち目にある役者の切迫した思いを...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/16 (火) ~ 2012/10/26 (金)
劇場 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
出演 さいたまゴールド・シアター
脚本
演出 井上尊晶
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】2012/09/22
一般 2,000円
高校生以下  1,000円
サイト

http://www.saf.or.jp/arthall/event/event_detail/2012/p1016.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ◆『白鳥の歌』
中どころの田舎の劇場。夜更け。老齢の喜劇役者ワシーリー・ワシーリイチ・スヴェトロヴィードフは、芝居の後、楽屋で酔いつぶれて眠り込んでいた。誰もいない劇場で自分の失態に気づいた老優は、そこで彼のプロンプターを務めるニキータ・イワーヌイチと出合う。落ち目にある役者の切迫した思いを吐露するスヴェトロヴィードフ。帰宅を促すニキータ・イワーヌイチに耳を貸さず、役者としての絶頂期を取り戻そうとするかのように、かつての役を演じ始める。

◆『楽屋』
ここは、チェーホフの「かもめ」を上演中のとある劇場。その楽屋には、化粧に余念がない二人の女優。満足とは言えないキャリアにしがみつく二人の会話は、互いの理想の役を探り合っている。そこに、40歳を過ぎてから「かもめ」の主役ニーナに賭ける女優と、かつて彼女のプロンプターを務めていた女優が現れる。化粧を続ける二人の女優が聞き耳を立てる中、元プロンプターはあろうことか、「役を返せ!」と枕を抱えて主演女優に詰め寄る――。
その他注意事項
スタッフ 作:アントン・チェーホフ(『白鳥の歌』) /清水邦夫(『楽屋』)
翻訳:松下 裕(『白鳥の歌』)

[情報提供] 2012/08/26 17:03 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/10/23 22:28 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大