舞踊・バレエ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2012/12/15 (土) ~ 2012/12/24 (月) 公演終了

休演日:12/17,19,20

上演時間:

今年のクリスマス・シーズンはシャルル・ペローの童話で世界中の人々に親しまれている『シンデレラ』をお届けします。新国立劇場で上演するのは英国を代表する振付家アシュトンによる華やかなグランド・バレエ。
アシュトンの小気味良い振付と流麗なプロコフィエフの音楽は見事に溶け合い、豪華な舞台美術は、ガラ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/12/15 (土) ~ 2012/12/24 (月)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 小野絢子、米沢唯、長田佳世、福岡雄大、厚地康雄、菅野英男、ほか
演出 デビッド・ピントレー
振付 フレデリック・アシュトン
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 10,500円
【発売日】2012/09/15
S席 10500円
A席 8400円
B席 6300円
C席 4200円
D席 3150円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/12cinderella/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12/15(土)14:00 開演
12/16(日)14:00 開演
12/18(火)14:00 開演
12/21(金)19:00 開演
12/22(土)14:00 開演
12/23(日)14:00 開演
12/24(月・祝)14:00 開演
説明 今年のクリスマス・シーズンはシャルル・ペローの童話で世界中の人々に親しまれている『シンデレラ』をお届けします。新国立劇場で上演するのは英国を代表する振付家アシュトンによる華やかなグランド・バレエ。
アシュトンの小気味良い振付と流麗なプロコフィエフの音楽は見事に溶け合い、豪華な舞台美術は、ガラスの馬車、宮殿の舞踏会、といった溜息の出るような場面を一層美しく演出します。また、男性ダンサー演じる義理の姉たちのコミカルなキャラクターは、舞台を大いに沸かせ、主役に負けない人気を博しています。初めてバレエを観る方でも心から楽しめる、夢のような舞台。オペラパレスでのちょっと贅沢なひと時をお約束します。
その他注意事項
スタッフ 音楽: セルゲイ・プロコフィエフ
Music : Sergei Prokofiev
振付: フレデリック・アシュトン
Choreography : Sir Frederick Ashton
監修・演出: ウェンディ・エリス・サムス
Production Directed and Supervised by Wendy Ellis Somes
美術: デヴィッド・ウォーカー
Designs : David Walker
照明: 沢田 祐二
Lighting : Sawada Yuji
指揮: エマニュエル・プラッソン
Conductor : Emmanuel Plasson
管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

[情報提供] 2012/08/17 17:52 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/12/26 14:22 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大