オペラ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2012/11/11 (日) ~ 2012/11/23 (金) 公演終了

上演時間:

尾高芸術監督は、オペラの代名詞と呼ばれるようなスタンダードな人気作品をラインアップに効果的に組み込む事が重要と考え、正統派イタリア・オペラの真髄を描くM.ディアツによる『トスカ』を再演します。1幕フィナーレを飾るテ・デウムの大合唱、壮麗な装置や衣裳は、数ある新国立劇場のレパートリー作品の中でも...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/11 (日) ~ 2012/11/23 (金)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 ノルマ・ファンティーニ、サイモン・オニール、センヒョン・コー、谷友博、松浦健、峰茂樹、志村文彦、塩入功司、前川依子
作曲 ジャコモ・プッチーニ
演出 アントネッロ・マダウ=ディアツ
料金(1枚あたり) 4,200円 ~ 23,100円
【発売日】2012/07/15
S席 23,100円
A席 18,900円
B席 12,600円
C席 7,350円
D席 4,200円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/20000609_opera.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11/11(日)14:00 開演
11/14(水)14:00 開演
11/17(土)14:00 開演
11/20(火)19:00 開演
11/23(金・祝)14:00 開演
説明 尾高芸術監督は、オペラの代名詞と呼ばれるようなスタンダードな人気作品をラインアップに効果的に組み込む事が重要と考え、正統派イタリア・オペラの真髄を描くM.ディアツによる『トスカ』を再演します。1幕フィナーレを飾るテ・デウムの大合唱、壮麗な装置や衣裳は、数ある新国立劇場のレパートリー作品の中でも、何年かに一度は再演すべきプロダクションとして人気を博しています。ストーリーも簡潔で万人を惹きこむ魅力を持ち、愛、憎悪、悪代官といったスリリングでドラマティックな要素が次々と登場します。3時間弱という上演時間も決して長すぎず、〈歌に生き恋に生き〉〈星は光りぬ〉など、メロディ作家としてのプッチーニの面目躍如たるところです。「プッチーニが現存していたら、必ずや映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズ以上のヒットメーカーになっていたでしょう」と尾高芸術監督がコメントするほど、万人の心をとらえる魅力的な作品です。
トスカ役には新国立劇場開場記念公演『アイーダ』以来すっかりおなじみのファンティーニ、カヴァラドッシ役はニュージーランド出身でヘルデン・テノールの注目株オニール、スカルピア役には韓国出身のコー、また指揮には沼尻竜典を配するなど国際的なキャスティングとなりました。プッチーニのオペラの中でもとりわけ劇的なこの作品で多くのお客様にご来場いただき、出演者によって新たな魅力発見となる“レパートリー作品のオペラ観劇”の楽しみ方をご提案したいと思います。
その他注意事項
スタッフ 【指揮】沼尻竜典
【演出】アントネッロ・マダウ=ディアツ
【美術】川口直次
【衣裳】ピエール・ルチアーノ・カヴァロッティ
【照明】奥畑康夫

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

[情報提供] 2012/08/17 17:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/08/17 17:29 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大