演劇

第二回公演

ふるいみらい

KATO企画

じゃがいも村(西武新宿線鷺ノ宮駅徒歩1分)(東京都)

2012/08/21 (火) ~ 2012/08/22 (水) 公演終了

上演時間:

震災から一年が過ぎたころから、新聞紙上からも、テレビの画面からも被災地の様子を伝えるニュースがすっかり減ってしまった気がします。

 しかし被災地の多くではいまだに復興も再生もままならぬまま、苦しい生活を強いられている方々がたくさんいらっしゃいます。

 被災地への思いを忘れないために...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/08/21 (火) ~ 2012/08/22 (水)
劇場 じゃがいも村(西武新宿線鷺ノ宮駅徒歩1分)
出演 石井舞、加藤素子、芝原弘、横山大地、まぁや
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】2012/07/26
全席自由
チケット売り上げの一部を、被災地支援のために寄付いたします。
サイト

http://ameblo.jp/kato-kikaku/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月21日(火) 15:00 / 19:00
8月22日(水) 15:00 / 19:00
説明 震災から一年が過ぎたころから、新聞紙上からも、テレビの画面からも被災地の様子を伝えるニュースがすっかり減ってしまった気がします。

 しかし被災地の多くではいまだに復興も再生もままならぬまま、苦しい生活を強いられている方々がたくさんいらっしゃいます。

 被災地への思いを忘れないために、今年の3月にKATO企画第一回公演を行い、被災地支援の心を発信し続けようと心に誓いました。

 そして、今回、「フェスティバルFUKUSHIMA!世界同時多発開催」の呼びかけhttp://www.pj-fukushima.jp/festival/entry_intro.php にエントリーし、そのテーマ “未来はわたしたちの手で” を心に、朗読と歌を中心に、KATO企画第二回公演を行います。

朗読 「ふるいみらい」 中山千夏 詩  
    「詩の礫」     和合亮一 詩 他
朗読劇 「鶴女房」   東北地方の民話

「ふるいみらい」は、組み木絵作家 中村道雄さんの組み木絵に、中山千夏さんが詩をつけられた心温まる絵本です。 そして、その詩を読まれた長谷川きよしさんが曲を付けられ、CDも発売されています。

詩や絵本の朗読を、ギターの音色や、まぁやの舞と共にお送りします。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/08/16 17:20 by mai_141

[最終更新] 2012/08/16 17:33 by mai_141

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

mai_141

mai_141(0)

役者・俳優 その他(DJ)

3月に引き続き参加いたします。 素敵な空間が出来上が...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大